『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=13601)

EID=13601EID:13601, Map:0, LastModified:2014年5月2日(金) 14:32:07, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[川上 烈生], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.物性デバイス講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Mori Ichiro (日) 森 一郎 (読) もり いちろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Morimoto Toshifumi (日) 森本 敏文 (読) もりもと としふみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.川上 烈生 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.物性デバイス分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.物性デバイス講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.富永 喜久雄
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Anomalous Electronic stopping and relaxation in the plasma and application of its theory to beam-surface interaction  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 電子ビームをガスプラズマに注入した場合の電子的青銅機構の新しい理論を提案し,高速家電粒子と固体表面のコヒーレントな相互作用理論に適用した.実験はミラー磁界を持つビームプラズマ装置でおこなった.電子ビームがアルゴンガスを電離させるような電子ビームプラズマ系を考える場合,電子励起を伴う非弾性散乱による電子的素子能をけいさんした.ビームのエネルギーの緩和が観測されたが,これは理論の予測とよく一致する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms (Elsevier B.V.)
(resolved by 0168-583X)
ISSN: 0168-583X (pISSN: 0168-583X)
Title: Nuclear instruments & methods in physics research. Section B, Beam interactions with materials and atoms
Title(ISO): Nucl Instrum Methods Phys Res B
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 153 [継承]
(必須): 1-4 [継承]
(必須): 31 35 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1999年 6月 1日 (平成 11年 6月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1016/S0168-583X(99)00206-2    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意): 000080939400007 [継承]
Scopus (任意): 2-s2.0-0033516116 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Ichiro Mori, Toshifumi Morimoto, Retsuo Kawakami and Kikuo Tominaga : Anomalous Electronic stopping and relaxation in the plasma and application of its theory to beam-surface interaction, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms, Vol.153, No.1-4, 31-35, 1999.
欧文冊子 ● Ichiro Mori, Toshifumi Morimoto, Retsuo Kawakami and Kikuo Tominaga : Anomalous Electronic stopping and relaxation in the plasma and application of its theory to beam-surface interaction, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research Section B: Beam Interactions with Materials and Atoms, Vol.153, No.1-4, 31-35, 1999.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 1.14, Max(EID) = 361924, Max(EOID) = 968364.