『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=135961)

EID=135961EID:135961, Map:0, LastModified:2006年4月13日(木) 15:26:15, Operator:[高木 真由美], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[苛原 稔], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.前川 正彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Nakajima A (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.山本 哲史
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Kasai Y (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Tani A (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Kinoshita D (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.苛原 稔
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of ovarian hormones on adhesion and early development of autotransplanted endometrium in an immunocompetent murine model  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) World Endometriosis Society (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) IX World Congress on Endometriosis (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) Maastricht(The Netherlands) (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 9月 14日 (平成 17年 9月 14日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) Obstetric&Gynecology Vol 123 Supplement 1 (2005)  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● Masahiko Maegawa, A Nakajima, Satoshi Yamamoto, Y Kasai, A Tani, D Kinoshita and Minoru Irahara : Effects of ovarian hormones on adhesion and early development of autotransplanted endometrium in an immunocompetent murine model, IX World Congress on Endometriosis, (巻), (号), (頁), Maastricht(The Netherlands), Sep. 2005.
欧文冊子 ● Masahiko Maegawa, A Nakajima, Satoshi Yamamoto, Y Kasai, A Tani, D Kinoshita and Minoru Irahara : Effects of ovarian hormones on adhesion and early development of autotransplanted endometrium in an immunocompetent murine model, IX World Congress on Endometriosis, (巻), (号), (頁), Maastricht(The Netherlands), Sep. 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.27, Max(EID) = 407682, Max(EOID) = 1104451.