『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=135836)

EID=135836EID:135836, Map:0, LastModified:2006年2月27日(月) 11:44:13, Operator:[坂田 裕子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[尾崎 和美], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 報告書 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.尾崎 和美 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健支援学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健支援学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松尾 敬志
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Bacterial Viability Assay at an Electron Microscopic Leved  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (任意):
誌名 (任意): (英) (日) カリオロージに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発 (読) かりおろーじにもとづくうしょくのしんだんほうおよびちりょうほうのかいはつ
ISSN (任意):
[継承]
(任意):
(任意):
(任意): 51 58 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2005年 3月 初日 (平成 17年 3月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 平成14年度∼平成16年度 科学研究費補助金(基盤研究(A)(1))研究成果報告書   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 尾崎 和美, 松尾 敬志 : Bacterial Viability Assay at an Electron Microscopic Leved, カリオロージに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, (巻), (号), 51-58, (都市), 2005年3月.
欧文冊子 ● Kazumi Ozaki and Takashi Matsuo : Bacterial Viability Assay at an Electron Microscopic Leved, カリオロージに基づく齲蝕の診断法および治療法の開発, (巻), (号), 51-58, (都市), March 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.34, Max(EID) = 372500, Max(EOID) = 996244.