『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=135813)

EID=135813EID:135813, Map:0, LastModified:2023年9月6日(水) 13:46:22, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[苛原 稔], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.前川 正彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.山本 哲史
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.苛原 稔
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 精子ー透明帯相互作用について   [継承]
副題 (任意): (英)   (日) ビアコアシステムを用いたアプローチ   [継承]
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 金原出版 株式会社 [継承]
誌名 (必須): 産婦人科の実際 ([金原出版 株式会社])
(pISSN: 0558-4728)

ISSN (任意): 0558-4728
ISSN: 0558-4728 (pISSN: 0558-4728)
Title: Sanfujinka no jissai. Practice of gynecology and obstetrics
Title(ISO): Sanfujinka No Jissai
 (NLM Catalog  (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 53 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 105 110 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2004年 1月 1日 (平成 16年 1月 1日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/40019896618/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意): 1521417756180557568 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 前川 正彦, 山本 哲史, 苛原 稔 : 精子ー透明帯相互作用について, --- ビアコアシステムを用いたアプローチ ---, 産婦人科の実際, Vol.53, No.1, 105-110, 2004年.
欧文冊子 ● Masahiko Maegawa, Satoshi Yamamoto and Minoru Irahara : 精子ー透明帯相互作用について, Obstetrical and Gynecological Practice, Vol.53, No.1, 105-110, 2004.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.52, Max(EID) = 407410, Max(EOID) = 1104053.