『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=135619)

EID=135619EID:135619, Map:0, LastModified:2006年2月28日(火) 09:15:22, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[細木 眞紀], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.中野 雅德
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.佐藤 裕
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.竹内 久裕
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.細木 眞紀 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.顎機能咬合再建学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.西川 啓介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.坂東 永一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.細木 秀彦 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科放射線学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科.歯科放射線科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.堀内 信也 ([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 咬合および舌習癖の管理によって下顎頭の骨変化の進行を防いだと思われる1症例(口演発表)   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 日本顎関節学会 [継承]
誌名 (必須): (英) The 18th Annual Meeting of the Japanese Society for Temporomandibular Joint Program and Abstracts (日) 第18回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集 (読) にほんがくかんせつがっかいそうかい がくじゅつたいかい ぷろぐらむ しょうろくしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): B-2-6 [継承]
(必須):
(必須): 114 114 [継承]
都市 (必須): 松江 (Matsue/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 7月 31日 (平成 17年 7月 31日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) くにびきメッセ   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 中野 雅德, 佐藤 裕, 竹内 久裕, 細木 眞紀, 西川 啓介, 坂東 永一, 細木 秀彦, 堀内 信也 : 咬合および舌習癖の管理によって下顎頭の骨変化の進行を防いだと思われる1症例(口演発表), 第18回 日本顎関節学会総会·学術大会 プログラム·抄録集, Vol.B-2-6, (号), 114, 2005年7月.
欧文冊子 ● Masanori Nakano, Yutaka Sato, Hisahiro Takeuchi, Maki Hosoki, Keisuke Nishigawa, Eiichi Bando, Hidehiko Hosoki and Shinya Horiuchi : 咬合および舌習癖の管理によって下顎頭の骨変化の進行を防いだと思われる1症例(口演発表), The 18th Annual Meeting of the Japanese Society for Temporomandibular Joint Program and Abstracts, Vol.B-2-6, (号), 114, July 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.99, Max(EID) = 360929, Max(EOID) = 966657.