『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=13480)

EID=13480EID:13480, Map:0, LastModified:2014年11月5日(水) 18:49:53, Operator:[北 研二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北 研二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 著書 [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 原稿の取りまとめ,pp.1-20, pp.27-56, pp.71-90 の執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Nakamura Satoshi (日) 中村 哲 (読) なかむら さとし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Nagata Masaaki (日) 永田 昌明 (読) ながた まさあき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 音声言語処理   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) コーパスに基づいた音声言語処理の中核をなす音声言語の確率モデルとして,N-gramモデル,隠れマルコフモデル,確率文脈自由文法について述べるとともに,これらのモデルの音声認識や自然言語処理への応用について述べた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (必須): (英) (日) 森北出版 (読) [継承]
誌名 (任意):
(任意):
(任意):
(任意):
都市 (必須): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1996年 11月 15日 (平成 8年 11月 15日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 北 研二, 中村 哲, 永田 昌明 : 音声言語処理, 森北出版, 東京, 1996年11月.
欧文冊子 ● Kenji Kita, Satoshi Nakamura and Masaaki Nagata : 音声言語処理, 森北出版, Tokyo, Nov. 1996.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.55, Max(EID) = 376549, Max(EOID) = 1008437.