『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=13475)

EID=13475EID:13475, Map:0, LastModified:2014年11月12日(水) 14:58:11, Operator:[北 研二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北 研二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Automatic Clustering of Languages Based on Probabilistic Models  (日) 確率モデルに基づく言語の自動クラスタリング   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper proposes a novel method for automatically clustering languages. The basic idea of this method involves debveloping a probabilistic model for each language from the given linguistic data, and then computing the distance between language models according to the distance measure defined on the langugae models. The effectiveness of the proposed method has been confirmed by reconstructing language trees using multilingual texts from the ECI/MCI corpus.  (日) 各言語の言語データから確率的言語モデルを構築し,次に確率的言語モデルの間に導入した距離に基づき,元の言語に対するクラスタリングを実行する方法を提案した.また,ECI多言語コーパス中の19ヶ国語のテキストデータから,言語の系統樹を再構築する実験を行い,提案した方法の有効性を示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Journal of Quantitative Linguistics (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 6 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 167 171 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1999年 8月 1日 (平成 11年 8月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kenji Kita : Automatic Clustering of Languages Based on Probabilistic Models, Journal of Quantitative Linguistics, Vol.6, No.2, 167-171, 1999.
欧文冊子 ● Kenji Kita : Automatic Clustering of Languages Based on Probabilistic Models, Journal of Quantitative Linguistics, Vol.6, No.2, 167-171, 1999.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.43, Max(EID) = 376549, Max(EOID) = 1008437.