『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=13471)

EID=13471EID:13471, Map:0, LastModified:2014年11月23日(日) 19:36:53, Operator:[北 研二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[北 研二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.柘植 覚
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Fukada Toshiaki (日) 深田 俊明 (読) ふかだ としあき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 研究指導,論文作成の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Frame-Period Adaptation for Speaking Rate Robust Speech Recognition  (日) フレーム周期正規化に基づく発話速度の変動に頑健な音声認識   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) This paper describes a frame-period adaptation method for speaking rate robust speech recognition. The proposed method determines an appropriate frame-period for each phrase by measuring its speaking rate or computing the acoustic likelihood with a set of frame-periods. Experimental results on spontaneous speech recognition show that the proposed method is effective for slower utterance.  (日) 音声認識システムにおいて,発声ごとの発話速度の変動は認識精度の変動につながる原因の一つである.発話速度が平均の発話速度より遅い場合と速い場合が認識精度が低下することが知られている.そこで,本論文では発話速度が変動しても変動の少ない特徴量抽出手法である,フレーム周期正規化手法を提案した.提案手法の有効性を検証するため,自然発話音声データベースを用いた音声認識実験を行った.提案手法では,発話速度の遅い発声の認識精度を向上させることが可能であった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Proceedings of the 6th International Conference on Spoken Language Processing (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 718 721 [継承]
都市 (必須): 北京 (Beijing/[中華人民共和国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 10月 1日 (平成 12年 10月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Satoru Tsuge, Toshiaki Fukada and Kenji Kita : Frame-Period Adaptation for Speaking Rate Robust Speech Recognition, Proceedings of the 6th International Conference on Spoken Language Processing, (巻), (号), 718-721, Beijing, Oct. 2000.
欧文冊子 ● Satoru Tsuge, Toshiaki Fukada and Kenji Kita : Frame-Period Adaptation for Speaking Rate Robust Speech Recognition, Proceedings of the 6th International Conference on Spoken Language Processing, (巻), (号), 718-721, Beijing, Oct. 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.48, Max(EID) = 376549, Max(EOID) = 1008437.