『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=13463)

EID=13463EID:13463, Map:0, LastModified:2016年8月4日(木) 14:58:04, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
2.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.本仲 純子
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Mishima Yuji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Maruyama Kenichi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ikeda Sanae (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Interaction between immobilized DNA and tris(bpy)osmium(II/III) complex  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) トリスビピリジルオスミウム錯体(II/III)イオンと電極上に修飾されたDNA 間におけるインタラクションについて検討した.カーボンペースト電極の表面(0.66∼10-2cm2)上に修飾されたDNA量は0.26∼2.78×10-4 mol cm-2であった.dsDNA修飾電極によりオスミウム錯体が定量できた.0,5~4っMの濃度範囲において直線性のある検量線がえられた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Sensors and Actuators B: Chemical ([Elsevier])
(resolved by 0925-4005)
ISSN: 0925-4005 (pISSN: 0925-4005)
Title: Sensors and actuators. B, Chemical
Title(ISO): Sens Actuators B Chem
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 66 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 234 236 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2000年 7月 25日 (平成 12年 7月 25日) [継承]
URL (任意): http://www.ingentaconnect.com/content/els/09254005/2000/00000066/00000001/art00344 [継承]
DOI (任意): 10.1016/S0925-4005(00)00344-0    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意): 000088378500074 [継承]
Scopus (任意): 2-s2.0-0033689536 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Junko Motonaka, Yuji Mishima, Kenichi Maruyama, Keiji Minagawa and Sanae Ikeda : Interaction between immobilized DNA and tris(bpy)osmium(II/III) complex, Sensors and Actuators B: Chemical, Vol.66, No.1, 234-236, 2000.
欧文冊子 ● Junko Motonaka, Yuji Mishima, Kenichi Maruyama, Keiji Minagawa and Sanae Ikeda : Interaction between immobilized DNA and tris(bpy)osmium(II/III) complex, Sensors and Actuators B: Chemical, Vol.66, No.1, 234-236, 2000.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.35, Max(EID) = 359787, Max(EOID) = 963581.