『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=13389)

EID=13389EID:13389, Map:0, LastModified:2019年4月23日(火) 13:19:03, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総説·解説 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,記述,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.佐竹 弘
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Krishna R. P. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ueda Issaku (日) 上田 一作 (読) うえだ いっさく
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Surface and Colloidal Properties of Local Anesthetic Solutions  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 局所麻酔薬水溶液を様々な物理化学的測定方法で研究し,局所麻酔薬の表面およびコロイド的な特性を熱力学的に特徴づけた.大きな疎水性を持つ局所麻酔薬はミセル形成,吸着膜の相転移およびクラフト現象と言った自己会合に基づく挙動を示すことを明らかにした.さらに局所麻酔薬の疎水性は局所麻酔ポテンシーと良く相関することを述べた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) Research Trends (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) Current Topics in Colloid & Interface Science (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 69 82 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1997年 11月 1日 (平成 9年 11月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Hiromu Satake, Shoji Kaneshina, P. R. Krishna and Issaku Ueda : Surface and Colloidal Properties of Local Anesthetic Solutions, Current Topics in Colloid & Interface Science, Vol.2, 69-82, Nov. 1997.
欧文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Hiromu Satake, Shoji Kaneshina, P. R. Krishna and Issaku Ueda : Surface and Colloidal Properties of Local Anesthetic Solutions, Current Topics in Colloid & Interface Science, Vol.2, 69-82, Nov. 1997.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.29, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.