『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=13349)

EID=13349EID:13349, Map:0, LastModified:2005年7月15日(金) 11:31:18, Operator:[西尾 芳文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[西尾 芳文], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨): 招待 [継承]
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.知能電子回路講座 [継承]
著者 (必須): 1.細川 康輝 ([四国大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.西尾 芳文 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.電気電子系.知能電子回路分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.知能電子回路講座])
役割 (任意): (英)   (日) 研究アイディアの提供,理論的解析の一部,論文執筆補助   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.牛田 明夫
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A Design Method of Chaotic Circuits Using Two Oscillators  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,カオス発振回路の設計法について論じている.本手法は,異なる周波数特性をもつ二つの発振器をダイオードで結合するという極めてシンプルな手法であり,また,発振器のタイプを変化させることにより様々なカオス発生回路が設計できることを示している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): (英) Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'00) (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 1 [継承]
(必須):
(必須): 17 21 [継承]
都市 (必須): ドレスデン (Dresden/[ドイツ連邦共和国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 9月 1日 (平成 12年 9月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yasuteru Hosokawa, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : A Design Method of Chaotic Circuits Using Two Oscillators, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'00), Vol.1, (号), 17-21, Dresden, Sep. 2000.
欧文冊子 ● Yasuteru Hosokawa, Yoshifumi Nishio and Akio Ushida : A Design Method of Chaotic Circuits Using Two Oscillators, Proceedings of International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA'00), Vol.1, (号), 17-21, Dresden, Sep. 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.75, Max(EID) = 371904, Max(EOID) = 994292.