『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=132629)

EID=132629EID:132629, Map:0, LastModified:2006年1月20日(金) 12:29:26, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[谷岡 哲也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.谷岡 哲也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 実験企画,データ解析,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kai Yoshihiro (日) 甲斐 義弘 (読) かい よしひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Matsuda Takuya (日) 松田 拓也 (読) まつだ たくや
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.永峰 勲
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.多田 敏子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.橋本 文子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.松下 恭子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.地域看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.地域·精神看護学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.山下 留理子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.看護リカレント教育センター])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) Inoue Yoshio (日) 井上 喜雄 (読) いのうえ よしお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Takasaka Yoichiro (日) 高坂 要一郎 (読) たかさか よういちろう
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) 53) Real-time Measurement of Frozen Gait in Patient with Parkinsonism Using a Sensor-Controlled Walker  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) パーキンソン症候群患者が利用するための歩行器は,その歩行障害の特性に十分に配慮したものになっていない.また,歩行障害の特徴を十分にとらえ,それらの情報を歩行支援装置の制御に用いれば,非常に有効であるが,このような研究は行われてこなかった.この研究では,筆者らが開発したSensor-controlled walker と Heel-to-toe pressure sensors(HPS)を使用してパーキンソン病の特有の症状であるすくみ足(FG)と呼ばれる状態を検知することができるかどうかを評価した.被験者は,Hoehn-Yahrの3度のパーキンソン病患者と健常被験者であった.健常被験者では,HPSから得られる踵から足指への圧力が,立脚期には,踵部→MP関節部→足尖部へと滑らかに変化するが,パーキンソン病患者では,FGの発生時に記録された圧力波形は,一歩行周期中に短い間隔で生じる2つのピークを示す2峰性であった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) Centre for Rehabilitation and Human Performance Research (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) Salford's 3rd International Conference-September 5-7th 2005 (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2005年 9月 5日 (平成 17年 9月 5日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tetsuya Tanioka, Yoshihiro Kai, Takuya Matsuda, Isao Nagamine, Toshiko Tada, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Yoshio Inoue and Yoichiro Takasaka : 53) Real-time Measurement of Frozen Gait in Patient with Parkinsonism Using a Sensor-Controlled Walker, Salford's 3rd International Conference-September 5-7th 2005, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2005.
欧文冊子 ● Tetsuya Tanioka, Yoshihiro Kai, Takuya Matsuda, Isao Nagamine, Toshiko Tada, Fumiko Hashimoto, Yasuko Matsushita, Ruriko Yamashita, Yoshio Inoue and Yoichiro Takasaka : 53) Real-time Measurement of Frozen Gait in Patient with Parkinsonism Using a Sensor-Controlled Walker, Salford's 3rd International Conference-September 5-7th 2005, (巻), (号), (頁), (都市), Sep. 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.50, Max(EID) = 373281, Max(EOID) = 998586.