『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=130179)

EID=130179EID:130179, Map:0, LastModified:2008年7月3日(木) 14:23:16, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[六車 直樹], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.野村 昌弘
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 伊賀 彰子 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.六車 直樹
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.岡久 稔也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域総合医療学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.柴田 啓志
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.岡村 誠介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.清水 一郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.伊東 進
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 亜硝酸薬投与による胃運動および自律神経活動の反応:胃電図および血圧·心拍変動スペクトル解析による検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 亜硝酸薬は,食後の胃運動機能の低下および副交感神経活動の低下および交感神経の増加をきたし,自律神経活動の点からも消化管運動を抑制する.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 財団法人 日本消化器病学会 [継承]
誌名 (必須): (英) DDW-Japan 2001 (日) 日本消化器病学会大会 (読) にほんしょうかきびょうがっかいたいかい
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 京都 (Kyoto/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2001年 10月 初日 (平成 13年 10月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 野村 昌弘, 伊賀 彰子, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 清水 一郎, 伊東 進 : 亜硝酸薬投与による胃運動および自律神経活動の反応:胃電図および血圧·心拍変動スペクトル解析による検討, 日本消化器病学会大会, (巻), (号), (頁), 2001年10月.
欧文冊子 ● Masahiro Nomura, 伊賀 彰子, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Seisuke Okamura, Ichiro Shimizu and Susumu Ito : 亜硝酸薬投与による胃運動および自律神経活動の反応:胃電図および血圧·心拍変動スペクトル解析による検討, DDW-Japan 2001, (巻), (号), (頁), Oct. 2001.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.28, Max(EID) = 393892, Max(EOID) = 1066876.