『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=130138)

EID=130138EID:130138, Map:0, LastModified:2008年7月3日(木) 14:23:15, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[六車 直樹], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 加藤 寛正 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.野村 昌弘
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 名田 智美 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.六車 直樹
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.岡久 稔也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域総合医療学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.柴田 啓志
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.岡村 誠介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.本田 浩仁
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.清水 一郎
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10.伊東 進
役割 (任意): (英)   (日) 監修   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 慢性消化性潰瘍におけるH. pylori除菌前後の自律神経機能の検討   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 消化性潰瘍の発生にはH. pyloriが重要であるが,除菌後も交感·副交感神経亢進が残存しており,潰瘍形成には自律神経異常も関与している.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 財団法人 日本消化器病学会 [継承]
誌名 (必須): (英) DDW-Japan (日) 第42回日本消化器病学会大会 (読) にほんしょうかきびょうがっかいたいかい
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): 神戸 (Kobe/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 10月 初日 (平成 12年 10月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
CRID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 加藤 寛正, 野村 昌弘, 名田 智美, 六車 直樹, 岡久 稔也, 柴田 啓志, 岡村 誠介, 本田 浩仁, 清水 一郎, 伊東 進 : 慢性消化性潰瘍におけるH. pylori除菌前後の自律神経機能の検討, 第42回日本消化器病学会大会, (巻), (号), (頁), 2000年10月.
欧文冊子 ● 加藤 寛正, Masahiro Nomura, 名田 智美, Naoki Muguruma, Toshiya Okahisa, Hiroshi Shibata, Seisuke Okamura, Hirohito Honda, Ichiro Shimizu and Susumu Ito : 慢性消化性潰瘍におけるH. pylori除菌前後の自律神経機能の検討, DDW-Japan, (巻), (号), (頁), Oct. 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.55, Max(EID) = 393912, Max(EOID) = 1067076.