『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=129421)

EID=129421EID:129421, Map:0, LastModified:2011年4月10日(日) 22:54:23, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 人間・自然環境研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 自然環境基礎論I (読) しぜんかんきょうきそろん
[継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科]/人間環境専攻·自然環境専攻 研究科共通科目 現代科学基礎領域/[修士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.村田 明広
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.石田 啓祐
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
3.沼子 千弥
肩書 (任意): 講師 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
4.西山 賢一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.地球科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.自然科学コース.地球科学講座])
肩書 (任意): 講師 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 四国の自然環境を地形学的·地質学的に理解し,その構成岩石·鉱物·地層·古生物の特性についても学ぶ.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 四国の自然環境,地質,岩石,鉱物,地層,化石   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) (日) 四国 (読) しこく [継承]
2. (英) (日) 自然環境 (読) しぜんかんきょう [継承]
3.災害地質学 (hazard geology) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.自然環境基礎論II ([2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科]/人間環境専攻·自然環境専攻 研究科共通科目 現代科学基礎領域/[修士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
2.地球環境造構学 ([2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科.自然環境専攻]/選択科目 物質科学/[修士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
3.地球環境変遷学 ([2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科.自然環境専攻]/選択科目 物質科学/[修士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
4.地球環境物質科学 ([2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科.自然環境専攻]/選択科目 物質科学/[修士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
5.環境物質分析法 ([2006/[徳島大学.人間·自然環境研究科.自然環境専攻]/選択科目 物質科学/[修士課程]])
関連度 (任意):
[継承]
注意 (任意): (英)   (日) 野外観察を行うことがあります.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 四国の自然環境や地質·岩石·鉱物·化石に関して理解し,第三者に対して説明ができるようになる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 四国の地質と地形発達  
[継承]
2.(英)   (日) 四国の秩父帯  
[継承]
3.(英)   (日) 九州ー四国の四万十帯  
[継承]
4.(英)   (日) 四国の中央構造線活断層系と吉野川  
[継承]
5.(英)   (日) 西南日本の中·古生代付加体と関連堆積相  
[継承]
6.(英)   (日) 四国の堆積相の層序概要  
[継承]
7.(英)   (日) 中·古生代遠洋性堆積物の生物相と生層序  
[継承]
8.(英)   (日) 中·古生代陸棚-前弧海盆堆積物の生物相と生層序  
[継承]
9.(英)   (日) 岩石を構成する鉱物の同定法  
[継承]
10.(英)   (日) 結晶へのX線回折の活用  
[継承]
11.(英)   (日) 非晶質物質とX線分光法  
[継承]
12.(英)   (日) 地球表層物質への非破壊状態分析の応用  
[継承]
13.(英)   (日) 岩石の表層風化帯の形成プロセス  
[継承]
14.(英)   (日) 塩類風化とスレーキングによる岩石物性変化  
[継承]
15.(英)   (日) 斜面変動の種類と特徴  
[継承]
16.(英)   (日) 斜面変動の予知·予測へ向けた研究例  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 受講の積極性,レポート等で判断する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) しない.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 参考書は講義の中で紹介する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.村田 明広
オフィスアワー (任意):
[継承]
2.石田 啓祐
オフィスアワー (任意):
[継承]
3.沼子 千弥
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 木曜日 12時∼13時   [継承]
[継承]
4.西山 賢一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.自然科学系.地球科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.自然科学コース.地球科学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 隔年開講.本年度(2006年度)開講せず.   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 自然環境基礎論I / 自然環境基礎論I
欧文冊子 ● 自然環境基礎論I / 自然環境基礎論I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 19, LA = 1.10, Max(EID) = 388613, Max(EOID) = 1051824.