『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=126668)

EID=126668EID:126668, Map:0, LastModified:2005年11月14日(月) 10:30:54, Operator:[矢部 拓也], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[矢部 拓也], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.聖学院大学 [継承]
2.東海大学.健康科学部 [継承]
3.徳島大学.総合科学部.人間社会学科.社会科学講座 (2003年4月1日〜2009年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1. (英) KOYANO Wataru (日) 古谷野 亘 (読) こやの わたる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) NISHIMURA Masanori (日) 西村 昌記 (読) にしむら まさのり
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.矢部 拓也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.地域科学分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) ASAKAWA Tatsuto (日) 浅川 達人 (読) あさかわ たつと
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) ANDO Takatoshi (日) 安藤 孝俊 (読) あどう たかとし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of multiple social contexts on social interractions with others  (日) 関係の重複が他者との交流に及ぼす影響   [継承]
副題 (任意): (英) Social relationships of senior men living in an urban area  (日) 都市男性高齢者の社会関係   [継承]
要約 (任意): (英) Effedts of multiple sicial contexts upon current social interactions with others were observed for senior men, ranging in age from 60 to 79 years, living in an urban area. The subjects were asked to name up to 15 persons with whom they had intimate relationships, others than co-resident family members, children, and children-in-law, and to report interactions with the persons they named. Through this procedure, information on 3,590 dyadic relationships was obtained. Two factor scores, extract from six indices of current interactions, were used as criterion variables respectively indicating dimensions of social interactions with others. Multiple classification analyses revealed significant positive effects of multiple social contexts on both the factor scores when the effects of others were controlled. The results seem to indicate the importance of multiple social contexts for the development of social relationships: those who experienced multiple social contexts are likely to have intimate interactions with seniors.  (日) 大都市の60-79歳の男性高齢者を対象に,他者との交流に関する関係の重複の影響について検討した.対象者には,同居家族と別居子·別居子の配偶者以外で「おつきかいのある方」を最大15人まであげることを求め,その1人ひとりについて交流の経緯と現在の交流をたずねた.この手続きによって,766人の回答者と3590人の他者との間の社会関係に関する情報を得た.現在の交流の態様を表す6つの指標について因子分析を行い,因子得点を従属変数とする多重分類分析によって,関係の重複を検討した.知り合ったきっかけなどの他の変数の影響を取り除いたときにも,因子得点に対する関係の重複の有意な影響が認められた.関係の重複が多い他者,すなわち知り合った後に重ねられた,知り合った契機とは別の関係が多い他者ほど,情緒的な親密さを感じることが多く,また家族ぐるみの付き合いをしたり,手段的サポートの提供者になることが多い傾向にあった.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) social relationship (日) 社会関係 (読) しゃかいかんけい [継承]
2. (英) social context (日) 関係の重複 (読) かんけいのちょうふく [継承]
3. (英) social netowork (日) ソーシャル·ネットワーク (読) そーしゃる ねっとわーく [継承]
4. (英) social support (日) ソーシャル·サポート (読) そーしゃる さぽーと [継承]
5. (英) intimacy (日) 情緒的な親密さ (読) じょうちょてきなしんみつさ [継承]
発行所 (推奨): (英) Japan Socio-Gerontological Society (日) 日本老年社会科学会 (読) にほんろうねんしゃかいがかくかい [継承]
誌名 (必須): (英) Japanese Journal of Gerontology (日) 老年社会科学 (読) ろうねんしゃかいかがく
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 27 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 17 23 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2005年 4月 初日 (平成 17年 4月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 古谷野 亘, 西村 昌記, 矢部 拓也, 浅川 達人, 安藤 孝俊 : 関係の重複が他者との交流に及ぼす影響, --- 都市男性高齢者の社会関係 ---, 老年社会科学, Vol.27, No.1, 17-23, 2005年.
欧文冊子 ● Wataru KOYANO, Masanori NISHIMURA, Takuya YABE, Tatsuto ASAKAWA and Takatoshi ANDO : Effects of multiple social contexts on social interractions with others, --- Social relationships of senior men living in an urban area ---, Japanese Journal of Gerontology, Vol.27, No.1, 17-23, 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.36, Max(EID) = 373277, Max(EOID) = 998582.