『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=126135)

EID=126135EID:126135, Map:0, LastModified:2006年1月20日(金) 10:37:07, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松下 恭子], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.地域·精神看護学講座 [継承]
著者 (必須): 1.松下 恭子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.地域看護学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.地域·精神看護学講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.谷岡 哲也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.看護管理学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.基礎看護学講座])
役割 (任意): (英)   (日) 企画,調査,データの検討,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.永峰 勲
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.多田 敏子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.橋本 文子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.山下 留理子 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.看護リカレント教育センター])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A report of FD in psychiatric nursing practice  (日) 精神看護学臨地実習におけるFDの取り組みの報告   [継承]
副題 (任意): (英) utilization of coaching skills  (日) コーチングスキルを活用して   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) コーチングスキルの活用の視点から精神看護学実習指導について検討を加えた.「傾聴する」「質問する」「承認する」「提案する」などの基本的コーチングスキルを実習指導に用いることで,学生は見守られたり支えられていることを実感として感じていた.学生の心に響く個別性に合わせて「承認」を伝える工夫などが今後の課題である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) faculty development (日) FD (読) [継承]
2. (英) psychiatric nursing practice (日) 精神看護学実習 (読) [継承]
3. (英) coaching (日) コーチング (読) [継承]
発行所 (推奨): 日本看護福祉学会 [継承]
誌名 (必須): 日本看護福祉学会誌 ([日本看護福祉学会])
(resolved by 1344-4875)
ISSN: 1344-4875 (pISSN: 1344-4875)
Title: 日本看護福祉学会誌
 (医中誌Web (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 10 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 95 105 [継承]
都市 (任意): 岡山 (Okayama/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 3月 初日 (平成 17年 3月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 松下 恭子, 谷岡 哲也, 永峰 勲, 多田 敏子, 橋本 文子, 山下 留理子 : 精神看護学臨地実習におけるFDの取り組みの報告, --- コーチングスキルを活用して ---, 日本看護福祉学会誌, Vol.10, No.2, 95-105, 2005年.
欧文冊子 ● Yasuko Matsushita, Tetsuya Tanioka, Isao Nagamine, Toshiko Tada, Fumiko Hashimoto and Ruriko Yamashita : A report of FD in psychiatric nursing practice, --- utilization of coaching skills ---, 日本看護福祉学会誌, Vol.10, No.2, 95-105, 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.71, Max(EID) = 373281, Max(EOID) = 998586.