『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=12613)

EID=12613EID:12613, Map:0, LastModified:2005年3月18日(金) 15:44:15, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Kondo Takaaki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.大坂 秀昭
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.田中 正己 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of solvents and substituents on tautomeric equilibria of p-substituted benzoylacetones  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) パラ置換ベンゾイルアセトン誘導体のケト-エノール互変異性平衡を種々の溶媒中でプロトンNMRによって調べた.互変異性平衡定数は溶媒と置換基に大きく依存した.平衡定数の回帰分析から,溶媒の極性と水素結合供与力が互変異性平行を支配していることが分かった.ハメットプロットの結果,置換基の電子求引性が高いほど,2つのカルボニル基の間のメチレン水素が解離しやすく,エノール型に平衡が移動することが明らかとなった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) The 2000 Internationa Chemical Congress of Pacific Basin Societies (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): ホノルル (Honolulu/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 12月 14日 (平成 12年 12月 14日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takaaki Kondo, Seizo Masuda, Keiji Minagawa, Hideaki Osaka and Masami Tanaka : Effects of solvents and substituents on tautomeric equilibria of p-substituted benzoylacetones, The 2000 Internationa Chemical Congress of Pacific Basin Societies, (巻), (号), (頁), Honolulu, Dec. 2000.
欧文冊子 ● Takaaki Kondo, Seizo Masuda, Keiji Minagawa, Hideaki Osaka and Masami Tanaka : Effects of solvents and substituents on tautomeric equilibria of p-substituted benzoylacetones, The 2000 Internationa Chemical Congress of Pacific Basin Societies, (巻), (号), (頁), Honolulu, Dec. 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.76, Max(EID) = 359818, Max(EOID) = 963873.