『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=126109)

EID=126109EID:126109, Map:0, LastModified:2007年12月29日(土) 15:59:59, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Bioorganic Chemistry 2 (日) 生物有機化学2 (読) せいぶつゆうきかがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.堀 均
肩書 (任意):
[継承]
2.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 膨大な化学反応の積み重ねの基に生命の営みがある.生物機能を理解するためには,ます分子構造を理解し,化学反応の原理を修得することが必須である.本講義は生物有機化学1に引き続き,生体分子に重要なカルボニル化合物を中心にその反応性を理解し,有機化学の基礎学力をつけることを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) カルボニルの化学を中心として,基礎的な化学反応の原理について講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.反応機構 (reaction mechanism) [継承]
2. (英) nucleophile (日) 求核剤 (読) [継承]
3. (英) (日) カルボニル基 (読) [継承]
先行科目 (推奨): 1.生物有機化学1 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース]]/->授業概要[2006/有機化学1])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 生物有機化学1を履修していること.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 反応を電子の動きとして理解し,基礎的な有機反応の答えを自ら導けるようにする.  
[継承]
2.(英)   (日) カルボニルの性質と反応性を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) アルコールとフェノール  
[継承]
2.(英)   (日) エーテルとエポキシド:チオールとスルフィド  
[継承]
3.(英)   (日) アルデヒドとケトン(1)  
[継承]
4.(英)   (日) アルデヒドとケトン(2)  
[継承]
5.(英)   (日) カルボン酸  
[継承]
6.(英)   (日) 立体化学  
[継承]
7.(英)   (日) 中間テスト(到達目標1の一部評価)  
[継承]
8.(英)   (日) 求核アシル置換反応(1)  
[継承]
9.(英)   (日) 求核アシル置換反応(2)  
[継承]
10.(英)   (日) カルボニルのα置換反応(1)  
[継承]
11.(英)   (日) カルボニルのα置換反応(2)  
[継承]
12.(英)   (日) カルボニル縮合反応(1)  
[継承]
13.(英)   (日) カルボニル縮合反応(2)  
[継承]
14.(英)   (日) アミン(1)  
[継承]
15.(英)   (日) アミン(2)  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験(到達目標1の一部評価及び到達目標2に関する評価)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席率80%以上で,到達目標各項目が各々60%以上達成されている場合をもって合格とする.達成度は到達目標各項目について中間試験(50%),期末試験(50%)で評価する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) J. McMurry 著「マクマリー有機化学(中)」東京化学同人,教材:分子模型「HGS Biochemistry Molecular Model, Student Kit」丸善   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 特に指定しない.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 原則として再試験は実施しない   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/生物有機化学2) 閲覧 【授業概要】(2006/有機化学2)
閲覧 【授業概要】(2007/生物有機化学2)

標準的な表示

和文冊子 ● 生物有機化学2 / Bioorganic Chemistry 2
欧文冊子 ● Bioorganic Chemistry 2 / 生物有機化学2

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(3) 閲覧【授業概要】…(18)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(4)
Number of session users = 0, LA = 0.43, Max(EID) = 361613, Max(EOID) = 967820.