『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=12602)

EID=12602EID:12602, Map:0, LastModified:2005年3月18日(金) 14:28:51, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kondo Takaaki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.田中 正己 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Microscopic acid dissociation and complexation of polymethacryloyllysine  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) メタクリロイルリジン及びそのポリマーはアミド基とカルボキシルを持つので,2つの官能基の相乗効果によりポリアクリル酸よりも優れた金属吸着能が期待できる.そこで,モノマー及びポリマーと二価金属イオンとの錯安定度定数を求めた.錯形成能はIrvingの序列に従う.13C-NMRを用いて金属錯体の構造を解析した結果,銅錯体は5員環を形成し,マンガン錯体は5員環および11員環を形成していることがわかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 38th IUPAC International Symposium on Macromolecules (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) Warsaw (Poland) (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 7月 9日 (平成 12年 7月 9日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Seizo Masuda, Keiji Minagawa, Takaaki Kondo and Masami Tanaka : Microscopic acid dissociation and complexation of polymethacryloyllysine, 38th IUPAC International Symposium on Macromolecules, (巻), (号), (頁), Warsaw (Poland), July 2000.
欧文冊子 ● Seizo Masuda, Keiji Minagawa, Takaaki Kondo and Masami Tanaka : Microscopic acid dissociation and complexation of polymethacryloyllysine, 38th IUPAC International Symposium on Macromolecules, (巻), (号), (頁), Warsaw (Poland), July 2000.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.64, Max(EID) = 359816, Max(EOID) = 963868.