『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125914)

EID=125914EID:125914, Map:0, LastModified:2009年12月22日(火) 15:57:54, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Statistics for Engineering (日) 確率統計工学 (読) かくりつとうけいこうがく
[継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.藤村 哲也
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 実験結果やその信頼性がどのように表現されているか,またどのように評価できるかを具体例で講 義し,演習·レポートを実施して,データ解析に必要な確率統計工学の基礎知識を習得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 実験で求める「真の値」とは何か,平均値·標準偏差など統計的に計算される諸量と具体的な測定結果の関係,実験精度の評価の仕方,精度を上げるための誤差の減らし方など,実験データを解析する際,日常的に必要な基本的内容を具体例で講義する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.確率 (probability) [継承]
2.統計 (statistics) [継承]
3.誤差 (error) [継承]
4.精度 (precision) [継承]
5.最小二乗法 (least squares method) [継承]
6.相関 (correlation) [継承]
先行科目 (推奨): 1.機械工学実験 ([2006/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
2.精密計測学 ([2006/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
3.C言語演習 ([2006/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[夜間主コース]])
必要度 (任意): 1.000000 [継承]
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 「機械工学実験」の履修を前提とし,「精密計測学」および「C言語演習」も履修しておくことが望ましい.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 実践的な講義内容にしたいので,実用を目指した受講態度が必要である.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 測定の目的や必要性を交え,測定値,誤差および背後にある現象について理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) 測定値を観察し,記述統計の基礎を理解する.  
[継承]
3.(英)   (日) 事例を中心に,推測統計の基礎を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 簡単な実験例とその整理·レポート  
[継承]
2.(英)   (日) データ解析の実状  
[継承]
3.(英)   (日) 測定と誤差  
[継承]
4.(英)   (日) 母集団と確率分布·レポート  
[継承]
5.(英)   (日) 真の値の最良推定·レポート  
[継承]
6.(英)   (日) 精度の最良推定·レポート  
[継承]
7.(英)   (日) 真の値と精度  
[継承]
8.(英)   (日) 平均値の確度(標準誤差)·レポート  
[継承]
9.(英)   (日) 標準偏差の精度·レポート  
[継承]
10.(英)   (日) 測定値の組合せ·レポート  
[継承]
11.(英)   (日) 最小二乗法の前提と原理  
[継承]
12.(英)   (日) 線形モデルでの最適パラメータの決定·レポート  
[継承]
13.(英)   (日) 相関·レポート  
[継承]
14.(英)   (日) 誤差の基礎理論  
[継承]
15.(英)   (日) まとめ  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 演習やレポートが多い実践的な授業を行うので,試験50%,平常点50%とし,目標の3項目それぞれについて60%以上を合格とする. なお,平常点は,受講姿勢,演習の回答,レポートなどを総合的に評価する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 酒井英行訳·N.C.BARFORD著「実験精度と誤差測定の確からしさとは何か」丸善株式会社   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) (社)日本機械学会編 「計測の不確かさ」(社)日本機械学会   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 徳島文理大学工学部(Tel:087-894-5111,E-mail: fujimura@is.bunri-u.ac.jp) (読)
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 講義では,多量のデータを扱うため電卓が必要である. また言語の種類は問わないが,コンピュータのプログラムを作成できることが望ましい.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/確率統計工学) 閲覧 【授業概要】(2007/確率統計工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 確率統計工学 / Statistics for Engineering
欧文冊子 ● Statistics for Engineering / 確率統計工学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 2, LA = 0.64, Max(EID) = 377747, Max(EOID) = 1010898.