『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=12591)

EID=12591EID:12591, Map:0, LastModified:2010年10月14日(木) 12:16:50, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
2.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.本仲 純子
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Mishima Yuji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Maruyama Ken-ichi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Determination of copper(II) and cadminum(II) ions utolizing poly(methacryloylalanine) modified micro-electrode  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 銅およびカドミウム測定用ポリメタクリロイルアラニン修飾マイクロ電極を作製した.銅イオンおよびカドミウムイオン測定における検量線,前濃縮条件の検討,ph,温度,電極寿命などについて検討した.最適条件下においえ,0.0001~1mMの銅イオンと0.01~1mMのカドミウムイオンの定量が可能であった.試作した電極は少なくとも1ヶ月は安定であった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) 8th International Meeting on Chemical Sensors (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須):
都市 (必須): (英) Basel (Switzerland) (日) (読) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2000年 7月 3日 (平成 12年 7月 3日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Junko Motonaka, Yuji Mishima, Ken-ichi Maruyama, Keiji Minagawa and Seizo Masuda : Determination of copper(II) and cadminum(II) ions utolizing poly(methacryloylalanine) modified micro-electrode, 8th International Meeting on Chemical Sensors, (巻), (号), (頁), Basel (Switzerland), July 2000.
欧文冊子 ● Junko Motonaka, Yuji Mishima, Ken-ichi Maruyama, Keiji Minagawa and Seizo Masuda : Determination of copper(II) and cadminum(II) ions utolizing poly(methacryloylalanine) modified micro-electrode, 8th International Meeting on Chemical Sensors, (巻), (号), (頁), Basel (Switzerland), July 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.50, Max(EID) = 359818, Max(EOID) = 963873.