『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=12583)

EID=12583EID:12583, Map:0, LastModified:2017年6月15日(木) 13:30:39, Operator:[三好 小文], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨): 国内共著 (徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない)) [継承]
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Ogawa Hiroyuki (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.田中 正己 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Polymerization and copolymerization of methyl α-acetylaminoacrylate  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) アセチルアミノアクリル酸メチル(1)は有機溶媒および水に容易に溶解する.アセトニトリルおよび水を溶媒として1のラジカル重合を速度論的に調べた結果,どちらの溶媒でも通常のラジカル重合挙動を示した.Taftらの溶媒和エネルギー式を適用すると,溶媒の極性と分極率が重合速度を支配していることが分かった.また,1とアクリル酸との共重合を行った結果,アクリル酸の単独重合はpHに大きく影響を受けるにも関わらず,この共重合はpHにほとんど影響されないことが明らかとなった.スチレンとの共重合から求めた1のQ,e値から,1のアセチルアミノ基は分極には寄与せず,顕著な共鳴効果を示すことが示唆された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Macromolecular Chemistry and Physics ([Wiley-VCH])
(resolved by 1022-1352)
ISSN: 1022-1352 (pISSN: 1022-1352, eISSN: 1521-3935)
Title: Macromolecular chemistry and physics
Title(ISO): Macromol Chem Phys
Publisher: Wiley
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1521-3935)
ISSN: 1022-1352 (pISSN: 1022-1352, eISSN: 1521-3935)
Title: Macromolecular chemistry and physics
Title(ISO): Macromol Chem Phys
Publisher: Wiley
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 201 [継承]
(必須): 14 [継承]
(必須): 1787 1792 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2000年 9月 28日 (平成 12年 9月 28日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-0001313376 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Seizo Masuda, Keiji Minagawa, Hiroyuki Ogawa and Masami Tanaka : Polymerization and copolymerization of methyl α-acetylaminoacrylate, Macromolecular Chemistry and Physics, Vol.201, No.14, 1787-1792, 2000.
欧文冊子 ● Seizo Masuda, Keiji Minagawa, Hiroyuki Ogawa and Masami Tanaka : Polymerization and copolymerization of methyl α-acetylaminoacrylate, Macromolecular Chemistry and Physics, Vol.201, No.14, 1787-1792, 2000.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.62, Max(EID) = 359741, Max(EOID) = 963404.