『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125776)

EID=125776EID:125776, Map:0, LastModified:2007年12月29日(土) 15:38:24, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.光応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Special Lectures on Optical Materials and Devices 2 (日) 光機能材料·光デバイス特別講義2 (読) ひかりきのうざいりょう ひかりでばいすとくべつこうぎ
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.工学部.光応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.非常勤講師 ([教職員.教員]/[非常勤])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 結晶成長及び光デバイス作製の基礎として,結晶学の知識を深めることは重要である.この特別講義では,結晶学及び結晶光学の高水準の講義を行う.また結晶の成長機構について,成長界面のミクロ構造にもとづく最新の研究成果を理解させる.一方コロイド粒子を用いたフォトニック結晶の作成法について理解させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 1.結晶の対称性と光学的性質,2.成長機構の最新モデルの紹介,3.結晶成長に関する最近のトピックス,4.コロイド結晶の作製   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 1.結晶の対称性と物理的性質の関係が説明できる.2.結晶成長において界面におけるステップやキンクの役割を説明できる.3.結晶成長の最近の動向を知る.4.コロイド結晶の作成法について説明できる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 集中講義(2日間)で上記内容の授業を行う.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義への取り組み状況(50%),レポート(50%)で評価し,全体で60%以上で合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 単位合格と同一   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) B   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) プリント(冊子)を配布   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.井上 哲夫
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/光機能材料·光デバイス特別講義2) 閲覧 【授業概要】(2007/光機能材料·光デバイス特別講義2)

標準的な表示

和文冊子 ● 光機能材料·光デバイス特別講義2 / Special Lectures on Optical Materials and Devices 2
欧文冊子 ● Special Lectures on Optical Materials and Devices 2 / 光機能材料·光デバイス特別講義2

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.44, Max(EID) = 373281, Max(EOID) = 998586.