『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125762)

EID=125762EID:125762, Map:0, LastModified:2007年12月29日(土) 15:43:40, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Organic Chemistry 1 (日) 有機化学1 (読) ゆうきかがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.堀 均
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 膨大な化学反応の積み重ねの基に生命の営みがある.生物機能を理解するためには,まず分子構造の理解と化学反応の原理の修得が必須である.このために有機化学の基礎学力をつけることをめざす.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 有機電子論と軌道の概念及び化学反応の基本原理を修得し,これに基づいて,脂肪族化合物の分子構造とその反応性を理解する.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) nucleophilic substitution (日) 求核置換反応 (読) [継承]
2. (英) stereochemistry (日) 立体化学 (読) [継承]
3. (英) chirality (日) キラリティー (読) [継承]
4. (英) carbonyl group (日) カルボニル基 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.有機化学2 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
関連度 (任意):
[継承]
2.生物有機化学 ([2006/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース]])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 基礎化学を受講しておくこと   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 有機化学を学ぶためには,できるだけ多くの反応機構をを記述して覚えることと,分子模型を使って考えることが不可欠である.このため,必ず分子模型も毎回用意してくること.また授業で課した課題を復習し,必ずノートに記述して完成させてること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 原子の構造,軌道の概念を理解し,化合物の分子構造および立体化学を記述できる.  
[継承]
2.(英)   (日) 極性反応における電子の流れを正しく記述できる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 構造と結合  
[継承]
2.(英)   (日) 極性結合とその重要性—電気陰性度,双極子モーメント,形式電荷,共鳴  
[継承]
3.(英)   (日) アルカンとシクロアルカン  
[継承]
4.(英)   (日) アルカンとシクロアルカンの立体化学,中間試験(到達目標1の一部評価)  
[継承]
5.(英)   (日) 有機反応の概観—有機反応の種類,極性反応の例  
[継承]
6.(英)   (日) アルケンの構造と反応性  
[継承]
7.(英)   (日) アルカンとシクロアルカンの立体化学  
[継承]
8.(英)   (日) 立体化学 キラリティー  
[継承]
9.(英)   (日) ハロゲン化アルキル  
[継承]
10.(英)   (日) 求核置換反応(1)  
[継承]
11.(英)   (日) 求核置換反応(2)  
[継承]
12.(英)   (日) 脱離反応,中間試験(到達目標2の一部評価)  
[継承]
13.(英)   (日) カルボニル化合物の反応(1)  
[継承]
14.(英)   (日) カルボニル化合物の反応(2)  
[継承]
15.(英)   (日) カルボニル化合物の反応(3)  
[継承]
16.(英)   (日) 期末試験(到達目標全ての一部評価)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 出席率80%以上で,到達目標2項目が各々60%以上達成されている場合をもって合格とする.到達度は中間試験(60%),期末試験(40%)で評価する(出席点は加えない).   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 成績評価と同じ.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) 本学科教育目標(C),(D)に対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 他学科学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) J. McMurry 著「マクマリー有機化学(上,中,下)」東京化学同人   [継承]
2.(英)   (日) 分子模型「HGS Biochemistry Molecular Model, Student Kit」丸善   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 井本 稔著「有機電子論解説 有機化学の基礎-第4版」東京化学同人   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.堀 均
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/有機化学1) 閲覧 【授業概要】(2007/有機化学1)

標準的な表示

和文冊子 ● 有機化学1 / Organic Chemistry 1
欧文冊子 ● Organic Chemistry 1 / 有機化学1

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(21)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 2.58, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.