『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125470)

EID=125470EID:125470, Map:0, LastModified:2009年12月30日(水) 17:16:48, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.機械工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Internal Combustion Engine (日) 内燃機関 (読) ないねんきかん
[継承]
形態 (不用): 1.講義および演習 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.三輪 惠
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 自動車,船舶,航空機や産業,建設,農業用などの動力源として広く利用されている内燃機関につ いて,機械工学の立場からその動作原理,構造を理解し,燃料のエネルギー変換過程と大気汚染物質の低減法の基礎 知識を修得する.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 燃料の燃焼によるエネルギーを有効に利用し,また大気汚染物質の排出を抑制できる動力源を得るために, 内燃機関の熱力学を基本にして,仕事とサイクルと熱効率の関係,また,ガソリンエンジン,ディーゼルエンジンお よびガスタービンなど各種内燃機関の燃料特性と燃焼方式,およびその特徴を講述する.   [継承]
キーワード (推奨): 1.原動機 (prime mover) [継承]
2.内燃機関 (internal combustion engine) [継承]
3.熱効率 (thermal efficiency) [継承]
先行科目 (推奨): 1.工業熱力学 ([2006/[徳島大学.工学部.機械工学科]/[昼間コース]])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 工業熱力学を履修していることが望ましい.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 演習を行うので電卓を持参のこと.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 熱力学,燃料,燃焼と動力変換との関係を理解して,エネルギー資源の有効利用と大気環境問題を習得する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) (1)内燃機関の概要と歴史的考察 計画=  
[継承]
2.(英)   (日) (4)熱力学の小テストとレポート  
[継承]
3.(英)   (日) 燃料と燃焼  
[継承]
4.(英)   (日) (5)炭化水素燃料の種類と性状  
[継承]
5.(英)   (日) (6)燃焼の基礎理論  
[継承]
6.(英)   (日) (7)火花点火機関の燃焼  
[継承]
7.(英)   (日) (8)圧縮着火機関の燃焼  
[継承]
8.(英)   (日) (9)燃料と燃焼の小テストとレポート  
[継承]
9.(英)   (日) シリンダ内ガス交換  
[継承]
10.(英)   (日) (10)4サイクル機関のガス交換過程  
[継承]
11.(英)   (日) (11)2サイクル機関のガス交換過程  
[継承]
12.(英)   (日) 火花点火機関と圧縮着火機関  
[継承]
13.(英)   (日) (12)燃料供給装置·点火装置と予混合燃焼方式  
[継承]
14.(英)   (日) (13)燃料噴射装置と拡散燃焼方式  
[継承]
15.(英)   (日) 大気汚染物質とその制御  
[継承]
16.(英)   (日) (14)排気ガス成分とその低減技術  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義に対する理解力は,中間試験,学期末試験の成績を主体に評価するとともに,授業中の質疑応答 およびレポートならびに講義ノートを含めて総合的に評価する.   [継承]
JABEE合格 (任意): (英)   (日) 【成績評価】と同一である.   [継承]
JABEE関連 (任意): (英)   (日) (B)80%, (H)20%に対応する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 廣安広之·寶諸幸男著「内燃機関」コロナ社   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 河野·角田·藤本·氏家著「最新内燃機関」朝倉書店   [継承]
2.(英)   (日) 一色·北山著「わかりやすい熱力学」北森出版   [継承]
3.(英)   (日) 専門書として,長尾不二夫著「内燃機関講義」   [継承]
4.(英)   (日) 養賢堂洋書として,W. W. Pulkrabek" INTERNAL COMBUSTION ENGINE" PRENTICE HALL.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) エコシステム棟5階503室 (読)
オフィスアワー (任意): (英)   (日) いつでも,どうぞ   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 「工業熱力学」の履修を前提として講義を行う. 学期の前半に熱力学の完全ガスの範囲の小テストを実施 する.   [継承]
2.(英)   (日) 期末試験,レポートなどの成績を70%の比率とし,授業への取組み状況,質疑 応答,講義ノートなどの平常点の比率を30%とする.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/内燃機関) 閲覧 【授業概要】(2007/内燃機関)
閲覧 【授業概要】(2007/内燃機関)

標準的な表示

和文冊子 ● 内燃機関 / Internal Combustion Engine
欧文冊子 ● Internal Combustion Engine / 内燃機関

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(3)
Number of session users = 1, LA = 0.72, Max(EID) = 366294, Max(EOID) = 981059.