『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=125113)

EID=125113EID:125113, Map:0, LastModified:2007年12月26日(水) 23:12:59, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.建設工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 先端技術科学教育部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2006年 (平成 18年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Fracture and Structural Mechanics (日) 破壊·構造力学特論 (読) はかいこうぞうりきがくろくろん
[継承]
形態 (推奨): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.成行 義文
肩書 (任意):
[継承]
2.村上 理一
肩書 (任意):
[継承]
3.伊藤 照明
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英) To understand method of matrix displacement analysis of plane framed structures which is widely used as a suitable method for computer programming.  (日) 平面骨組構造物のマトリックス変位法による解析方法を理解させ,例題の解説と演習問題を解かせて,その応用力を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英) First, method of matrix displacement analysis of plane framed structurs is explained. Next, some problems are given for exercises in analysis of them. Finally, term examination is set. This class is a seminar type using textbook written in English.  (日) 平面骨組構造物をコンピュータで解析するのに適したマトリックス変位法について解説し,演習問題を解かせて応用力を養成する. なお,教科書には,英文テキストを使用する.また,輪講形式の授業である.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Framed structure (日) 骨組構造 (読) [継承]
2. (英) Matrix displacement method (日) マトリックス変位法 (読) [継承]
3. (英) Plane frame (日) 平面構造 (読) [継承]
4. (英) Elastic analysis (日) 弾性解析 (読) [継承]
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨): 1.建築構造特論 ([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
2.建設創造システム工学論文輪講 ([2006/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース]/[博士前期課程]])
関連度 (任意): 0.500000 [継承]
[継承]
要件 (任意): (英) Students are required to have a good understanding of undergraduate-level structure mechanics.  (日) 構造力学の知識を有すること.   [継承]
注意 (任意): (英) Students have to prepare for each lesson.  (日) 十分に予習をしておくこと.   [継承]
目標 (必須): 1.(英) To understand method of matrix displacement analysis of plane frames  (日) 平面骨組構造物のマトリックス変位法による解析方法を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英) Guidance/A few historical remarks  (日) ガイダンス/構造解析法の変遷  
[継承]
2.(英) Basic considerations of structural analysis 1  (日) 構造解析に関する基礎事項1  
[継承]
3.(英) Basic considerations of structural analysis 2  (日) 構造解析に関する基礎事項2  
[継承]
4.(英) Determinate and indeterminate structures/Methods of analysis 1  (日) 静定および不静定構造物/構造解析法1  
[継承]
5.(英) Methods of analysis 2  (日) 構造解析法2  
[継承]
6.(英) Displacement method  (日) 変位法  
[継承]
7.(英) Stiffness matrix of a bar element subjected to axial force  (日) 軸力部材の剛性行列  
[継承]
8.(英) Bar structure stiffness matrix  (日) 軸力部材を組み合わせた構造物の剛性行列  
[継承]
9.(英) Application of zero-displacement boundary conditions and problem solution  (日) ゼロ変位境界条件の適用と問題の解  
[継承]
10.(英) Some properties of stiffness matrices/Stiffness matrix of a bar element subjected to torsion  (日) 剛性行列の特性/ねじりを受ける棒要素の剛性行列  
[継承]
11.(英) Stiffness matrix of a beam element 1  (日) はり要素の剛性行列1  
[継承]
12.(英) Stiffness matrix of a beam element 2  (日) はり要素の剛性行列2  
[継承]
13.(英) Assembly of the structure stiffness matrix by the direct stiffness method 1  (日) 直接剛性法による構造剛性行列の重ね合わせ1  
[継承]
14.(英) Assembly of the structure stiffness matrix by the direct stiffness method 1  (日) 直接剛性法による構造剛性行列の重ね合わせ2  
[継承]
15.(英) Symmetrical geometry  (日) 対称幾何学  
[継承]
16.(英) Term examination  (日) 期末試験  
[継承]
評価 (必須): (英) Term examination and report are marked out of 60 and 40 respectively and those marks are summed up. The passing mark is 60.  (日) 期末試験の評点(40点満点)と和訳レポートの評点(60点満点)の合計が60点以上の場合を合格とする.   [継承]
再評価 (必須):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英) Matrix and finite element displacement analysis of structures, D.J.DAWE, Clarendon press, Oxford, 1984  (日) Matrix and finite element displacement analysis of structures, D.J.DAWE, Clarendon press, Oxford, 1984   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英) To be introduced in the class  (日) 授業の際に適宜紹介する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.成行 義文
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2006/破壊·構造力学特論) 閲覧 【授業概要】(2007/破壊·構造力学特論)

標準的な表示

和文冊子 ● 破壊·構造力学特論 / Advanced Fracture and Structural Mechanics
欧文冊子 ● Advanced Fracture and Structural Mechanics / 破壊·構造力学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(3)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.69, Max(EID) = 382711, Max(EOID) = 1022123.