『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=12510)

EID=12510EID:12510, Map:0, LastModified:2007年12月26日(水) 17:47:37, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[鎌田 磨人], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2000年 (平成 12年) [継承]
名称 (必須): (英) Environmental Control (日) 環境保全工学 (読) かんきょうほぜんこうがく
[継承]
コース (必須): 1.2000/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.村上 仁士
肩書 (任意):
[継承]
2.澤田 勉
肩書 (任意):
[継承]
3.上月 康則 (徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
肩書 (任意):
[継承]
4.鎌田 磨人 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
肩書 (任意):
[継承]
5.三神 厚
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 環境の保全に必要な技術と施策に関する知識を習得し,自ら環境に配慮しつつ行動する能力を養う.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 本講議は次の3つの内容から構成されている.(1)振動問題,(2)生態系の管理,復元と創造,(3)環境計画とその手法,施策.それぞれの内容については,建設業と関連づけ,具体例を示しながら講述する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意): (英)   (日) 本講議を受講するにあたっては,環境科学,環境施設工学を修得しておくこと.本講議には3人の教官が担当する.振動問題,生態系,環境計画については,それぞれ主に澤田勉教授,鎌田助教授,上月助教授が講議にあたる.   [継承]
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 環境振動論の概要  
[継承]
2.(英)   (日) 振動工学の基礎  
[継承]
3.(英)   (日) 建物の振動性能と振動基準  
[継承]
4.(英)   (日) 振動規制法と環境振動·小テスト  
[継承]
5.(英)   (日) 土木事業と生態系  
[継承]
6.(英)   (日) 生態系の価値と構造  
[継承]
7.(英)   (日) 農耕地と都市の生態系とその管理  
[継承]
8.(英)   (日) 生態系の変化予測と評価  
[継承]
9.(英)   (日) 生態系の復元と創造技術·小テスト  
[継承]
10.(英)   (日) 環境基本法と環境基本計画  
[継承]
11.(英)   (日) 環境指標  
[継承]
12.(英)   (日) 環境影響評価の手法と実例  
[継承]
13.(英)   (日) 環境監査制度とライフサイクルアセスメント  
[継承]
14.(英)   (日) 建設業の環境管理システム·小テスト  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義中の質議応答,小テスト,定期試験の結果を総合して行う.小テストは各内容ごとに実施する.   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 住友恒,村上仁士,伊藤禎彦「環境工学」理工図書   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 環境庁「環境白書」   [継承]
2.(英)   (日) 櫛田裕「環境振動工学入門」理工図書   [継承]
3.(英)   (日) 武内和彦「環境創造の思想」東京大学出版会   [継承]
4.(英)   (日) 鷲谷いづみ「生物保全の生態学」共立出版   [継承]
5.(英)   (日) 土木学会環境システム委員会編「環境システム」共立出版   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2000/環境保全工学) 閲覧 【授業概要】(2001/環境保全工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 環境保全工学 / Environmental Control
欧文冊子 ● Environmental Control / 環境保全工学

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(3)
Number of session users = 1, LA = 1.27, Max(EID) = 377164, Max(EOID) = 1010005.