『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=124786)

EID=124786EID:124786, Map:0, LastModified:2014年6月8日(日) 15:04:13, Operator:[掛井 秀一], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[掛井 秀一], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.社団法人 日本建築学会 [継承]
著者 (必須): 1.掛井 秀一 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.地域情報系.情報・表現分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.地域創生コース])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) SATOH Hiroomi (日) 佐藤 博臣 (読) さとう ひろおみ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) SANO Tomonori (日) 佐野 友紀 (読) さの とものり
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.佐古 順彦 ([早稲田大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A PSYCHOLOGICAL STUDY ON THE WAY OF DISPLAYING ROUTE MAP IN EVACUATION GUIDANCE  (日) 避難誘導における経路図情報の提示に関する心理学的考察   [継承]
副題 (任意): (英) A development of evacuationguidance-system based on multimedia technology Part II  (日) マルチメディア技術を利用した避難誘導システムの開発 その2   [継承]
要約 (任意): (英) Since our societies have diverse people and built environments, studies must be needed to develop systems assuring people's safety in potential emergent situations. We have developed a multimedia guidance system available in evacuation. In the present paper, we examined the effect of map presentation types on evacuation behavior. The results showed that sequential evacuation paths indicated on the map almost cancelled the negative effects of map rotation and alignment on the course of evacuation behavior, and that these map conditions made it difficult for evacuees to construct a spatial image like a survey map.  (日) 情報通信技術の進展は新たな緊急時避難誘導手法を提供する可能性を持っている.この可能性を十全に引き出すためには技術的な検討とともに,使い手となる避難者の視点からの評価が不可欠である.筆者らは不特定多数が利用する建築空間内での避難を対象としたマルチメディア型誘導システムの開発を目指し,緊急時の誘導情報提供方式に対する避難者の行動に関する心理学的知見を得るためにCGによる空間情報提示を用いた実験研究を実施してきた.本報告では避難経路図の提示方法について検討を行い,その結果,経路図に避難順路を表示することは経路図の提示方法の差異を緩和する有効な手段であることが明らかになった.   [継承]
キーワード (推奨): 1.マルチメディア (multimedia) [継承]
2. (英) (日) 避難 (読) [継承]
3. (英) (日) ナビゲーション (読) [継承]
4. (英) (日) 誘導システム (読) [継承]
5. (英) (日) 整列効果 (読) [継承]
発行所 (推奨): 社団法人 日本建築学会 [継承]
誌名 (必須): 日本建築学会計画系論文集 ([社団法人 日本建築学会])
(pISSN: 1340-4210, eISSN: 1881-8161)

ISSN (任意): 1340-4210
ISSN: 1340-4210 (pISSN: 1340-4210, eISSN: 1881-8161)
Title: 日本建築学会計画系論文集
Supplier: 一般社団法人日本建築学会
Publisher: Architectural Institute of Japan
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): [継承]
(必須): 596 [継承]
(必須): 27 34 [継承]
都市 (任意): 東京 (Tokyo/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 10月 30日 (平成 17年 10月 30日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110004836741/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110004836741 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 掛井 秀一, 佐藤 博臣, 佐野 友紀, 佐古 順彦 : 避難誘導における経路図情報の提示に関する心理学的考察, --- マルチメディア技術を利用した避難誘導システムの開発 その2 ---, 日本建築学会計画系論文集, No.596, 27-34, 2005年.
欧文冊子 ● Hidekazu Kakei, Hiroomi SATOH, Tomonori SANO and Toshihiko Sako : A PSYCHOLOGICAL STUDY ON THE WAY OF DISPLAYING ROUTE MAP IN EVACUATION GUIDANCE, --- A development of evacuationguidance-system based on multimedia technology Part II ---, Journal of Architecture and Planning, No.596, 27-34, 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.78, Max(EID) = 382185, Max(EOID) = 1020923.