『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=12477)

EID=12477EID:12477, Map:0, LastModified:2005年9月27日(火) 11:51:21, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.田中 正己 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Influence of low molecular weight urethanes on the ER effect of polyether ER fluids  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 4,4'-ジフェニルメタンジイソシアナートとアルコールとの付加反応で合成したウレタン粉末を,ウレタン化ポリエーテル液体に添加した流体を調製し,エレクトロレオロジー効果を調べた.ウレタン化ポリエーテルは,単独では電場下で粘度の増加または減少(正と負のER効果)を示すが,ウレタン粉末を添加することにより,正のER効果のみを示すことがわかった.この結果は,単独で正のER効果を示すポリエーテルの挙動と関連していると考えられる.また,ウレタン粉末を用いた分散系ER流体として用いることも可能である.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Reports on Progress in Polymer Physics in Japan (高分子物理年報刊行会)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 42 [継承]
(必須):
(必須): 423 424 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1999年 12月 1日 (平成 11年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Keiji Minagawa, Seizo Masuda and Masami Tanaka : Influence of low molecular weight urethanes on the ER effect of polyether ER fluids, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, Vol.42, (号), 423-424, 1999.
欧文冊子 ● Keiji Minagawa, Seizo Masuda and Masami Tanaka : Influence of low molecular weight urethanes on the ER effect of polyether ER fluids, Reports on Progress in Polymer Physics in Japan, Vol.42, (号), 423-424, 1999.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.79, Max(EID) = 359812, Max(EOID) = 963853.