『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=12370)

EID=12370EID:12370, Map:0, LastModified:2007年12月26日(水) 17:17:13, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長尾 文明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2000年 (平成 12年) [継承]
名称 (必須): (英) Surveying (日) 測量学 (読) そくりょうがく
[継承]
コース (必須): 1.2000/[徳島大学.工学部.建設工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.藤井 清司
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 社会活動の基盤を支える多くの土木構造物の建設を計画し,設計し,施工するとき,その基礎資料となるのは,正確な測量から得られた地図である.その地図作製のための学問が測量学である.そこで,以下のような項目について,修得できるよう講義する.1.測量に用いる器械器具の構造·使用法·検査およびその調整法2.野外での測量作業の方法および野帳の記入法3.測定結果を計算し,その精度を調べ,また測量結果によって地図を作り,さらに面積·容積などを計算する方法   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 測量では,距離,方向角,高低差が測定の3要素であり,その測定器械,測定法について講義する.そして,地図を作製するために,上の測量方法を応用して,骨組み測量,細部測量へと発展させ,測定値の調整計算·面積計算を行い,地図を作製する方法を述べる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意): (英)   (日) この教科目は建設工学の全ての基礎となるものであり,また,建設工学の専門科目の最初に学ぶものであるので,最初からしっかりと理解しながら修得を心がて受講すること.本講義は,「測量学実習」と対をなすものであり,実習を行うことにより一層の理解が可能となる.そして,その内容は「応用測量学」へとつながっていく.また,この科目の取得は,卒業後の「測量士補」,「測量士」の資格条件となる.   [継承]
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) ガイダンス·測量学緒論  
[継承]
2.(英)   (日) 距離測量1  
[継承]
3.(英)   (日) 距離測量2  
[継承]
4.(英)   (日) 平板測量1  
[継承]
5.(英)   (日) 平板測量2·レポ-ト  
[継承]
6.(英)   (日) トランシット測量1  
[継承]
7.(英)   (日) トランシット測量2  
[継承]
8.(英)   (日) トランシット測量3  
[継承]
9.(英)   (日) トランシット測量4·レポ-ト·テスト  
[継承]
10.(英)   (日) 経緯距法1  
[継承]
11.(英)   (日) 経緯距法2·レポ-ト  
[継承]
12.(英)   (日) 水準測量1  
[継承]
13.(英)   (日) 水準測量2  
[継承]
14.(英)   (日) 水準測量3·レポ-ト·小テスト  
[継承]
15.(英)   (日) スタジア測量  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義に対する理解力の評価は講義への出席状況,レポ-トの提出状態,内容,小テストおよび最終試験の成績を総合して行う.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 米谷栄二·山田善一著「新版測量学 一般編」丸善,小田部和司著「図解土木講座 測量学」第2版技報堂出版,上の教科書を使用するが,それのみでは十分理解できないと思われる部分については,プリントを配布し補助資料とする.   [継承]
2.(英)   (日) 小田部和司著「図解土木講座 測量学」第2版技報堂出版   [継承]
3.(英)   (日) 上の教科書を使用するが,それのみでは十分理解できないと思われる部分については,プリントを配布し補助資料とする.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 参考書は授業中においてその都度紹介される.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 成績評価に対する平常点と試験の比率は3:7とする.平常点には講義への出席状況,レポ-トの提出状況と内容を含み,試験には小テストと最終試験の成績を含む.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2000/測量学) 閲覧 【授業概要】(2001/測量学)

標準的な表示

和文冊子 ● 測量学 / Surveying
欧文冊子 ● Surveying / 測量学

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 3, LA = 1.27, Max(EID) = 375603, Max(EOID) = 1006440.