『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=122491)

EID=122491EID:122491, Map:0, LastModified:2005年7月22日(金) 10:11:56, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[芥川 正武], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): その他·研究会 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.電気電子工学科.電気電子システム講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Shichijo Hiroe (日) 七條 裕衣 (読) しちじょう ひろえ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.細川 敬子
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.山口 久雄 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.池原 敏孝 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.北村 光夫 ([徳島大学.技術支援部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Shono Masayuki (日) 庄野 正行 (読) しょうの まさゆき
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.吉﨑 和男
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.木内 陽介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9.宮本 博司 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Aizawa Katsuo (日) 會沢 勝夫 (読) あいざわ かつお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of ELF Magnetic Fields on Cultured Osteoblast Cells by ImSpector System  (日) ImSpector法による培養骨芽細胞に及ぼすELF変動磁界の影響   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) It is reported that the magnetic field exposure is for fracture healing of the intractable, and it is shown experimentally that the biofunction in which the calcium ion is concerned is affected. In this study, the effects of sine wave alternating current magnetic field in the ELF region on the osteoblast was probed using the spectral diffraction image microscope system, and the basic action mechanism was examined. Using insulin-like growth factor (IGF-1) which is the factor shoulders the important role for growth and differentiation of the cells, the difference between the effect by exposure was examined with these drug effects to the osteoblasts. The effect which the cell receives in cencer and periferal regions of the Schale in which the induced current density differs was compared in order to examine the effect of the induced current which arises in the Shale by fluctuation magnetic fields.  (日) 近年,骨折治療のために骨折部分に外部からELF変動磁界を加え,骨に誘導電流を生じさせる方法が開発され利用されている.本研究ではこの治療法のメカニズムを細胞レベルで解明するため,骨芽性細胞株MC3T3-E1細胞を用い,骨芽細胞の増殖と分化に及ぼすELF変動磁界の影響のメカニズムについて,細胞の増殖と分化に重要な役割を担う因子であるインスリン様成長因子1(IGF-1)の作用効果と比較検討した.その結果,ELF変動磁界はIGF-1と同じ経路で細胞のコラーゲン合成に影響を及ぼす可能性が示唆された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 電子情報通信学会 [継承]
誌名 (必須): 電子情報通信学会技術研究報告 ([電子情報通信学会])
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 104 [継承]
(必須): 179 [継承]
(必須): 49 52 [継承]
都市 (必須):
年月日 (必須): 西暦 2004年 7月 14日 (平成 16年 7月 14日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 七條 裕衣, 細川 敬子, 山口 久雄, 池原 敏孝, 北村 光夫, 庄野 正行, 吉﨑 和男, 木内 陽介, 宮本 博司, 會沢 勝夫 : ImSpector法による培養骨芽細胞に及ぼすELF変動磁界の影響, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.104, No.179, 49-52, 2004年7月.
欧文冊子 ● Hiroe Shichijo, Keiko Hosokawa, Hisao Yamaguchi, Toshitaka Ikehara, Mitsuo Kitamura, Masayuki Shono, Kazuo Yoshizaki, Yohsuke Kinouchi, Hiroshi Miyamoto and Katsuo Aizawa : Effects of ELF Magnetic Fields on Cultured Osteoblast Cells by ImSpector System, IEICE Technical Report, Vol.104, No.179, 49-52, July 2004.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.50, Max(EID) = 373345, Max(EOID) = 998905.