『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=122243)

EID=122243EID:122243, Map:0, LastModified:2005年7月4日(月) 09:28:00, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[逢坂 昭治], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国内講演発表 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.機械工学科.機械システム講座 [継承]
2.福岡大学 [継承]
著者 (必須): 1.逢坂 昭治
役割 (任意): (英)   (日) テーマの設定,実験,整理,考察,論文執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 仮屋崎 侃 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 真本 英光 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 傾斜上昇環状二相流における液膜流量と膜厚の関係   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 日本伝熱学会 [継承]
誌名 (必須): (英) (日) 第33回日本伝熱シンポジウム講演論文集 (読) にほんきかいがっかいちゅうしこくしぶそうかいこうえんかいこうえんろんぶんしゅう
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 3 [継承]
(必須):
(必須): 809 810 [継承]
都市 (必須): 新潟 (Niigata/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1996年 5月 15日 (平成 8年 5月 15日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 逢坂 昭治, 仮屋崎 侃, 真本 英光 : 傾斜上昇環状二相流における液膜流量と膜厚の関係, 第33回日本伝熱シンポジウム講演論文集, Vol.3, (号), 809-810, 1996年5月.
欧文冊子 ● Akiharu Ousaka, 仮屋崎 侃 and 真本 英光 : 傾斜上昇環状二相流における液膜流量と膜厚の関係, 第33回日本伝熱シンポジウム講演論文集, Vol.3, (号), 809-810, May 1996.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.41, Max(EID) = 366163, Max(EOID) = 980629.