『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=12188)

EID=12188EID:12188, Map:0, LastModified:2005年3月22日(火) 16:25:49, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Okamura Hirokazu (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.田中 正己 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Urethane Modified Polyethers as Homogeneous Electrorheological Materials  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 両末端または中央にハードセグメントを含むウレタン修飾ポリエーテルER流体を合成し,ER特性を調べた.電場印加時に両末端ハード型では粘度が増大し,中央ハード型では減少した.粘度変化の原因を考察するため,モデル化合物のNMR緩和測定によりセグメント運動を解析した.ウレタン化合物は原料のポリエーテルと比較して全体的な分子運動は抑制されるが局部的な運動は激しくなることが分かり,これが電場応答と関連すると考察した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Journal of Intelligent Material Systems and Structures (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 9 [継承]
(必須):
(必須): 626 631 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1998年 8月 1日 (平成 10年 8月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Keiji Minagawa, Hirokazu Okamura, Seizo Masuda and Masami Tanaka : Urethane Modified Polyethers as Homogeneous Electrorheological Materials, Journal of Intelligent Material Systems and Structures, Vol.9, (号), 626-631, 1998.
欧文冊子 ● Keiji Minagawa, Hirokazu Okamura, Seizo Masuda and Masami Tanaka : Urethane Modified Polyethers as Homogeneous Electrorheological Materials, Journal of Intelligent Material Systems and Structures, Vol.9, (号), 626-631, 1998.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.37, Max(EID) = 359726, Max(EOID) = 963341.