『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=12182)

EID=12182EID:12182, Map:0, LastModified:2014年4月4日(金) 11:56:12, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質機能化学講座 [継承]
2.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.本仲 純子
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Kageyama Shinji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Mishima Yuji (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Ikeda Sanae (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Determination of Iron Ion Utilizing Poly(p-vinylbenzoylacetone) Modified Micro-Electrode  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ポリパラビニルベンゾイルアセトンは選択的に金属イオンに配位して錯体を形成する.この性質を利用して,ポリパラビニルベンゾイルアセトンを多孔質超微小電極上に被覆し,金属イオン測定用センサを試作した.前濃縮時間,温度の影響,pHの影響,検量線,センサ寿命等について検討した.試作センサを用いて,微量定量が困難な鉄イオンが0.01-1mMの範囲で精度よく定量できた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Elsevier Science [継承]
誌名 (必須): Analytica Chimica Acta ([Elsevier Science])
(resolved by 0003-2670)
ISSN: 0003-2670 (pISSN: 0003-2670, eISSN: 1873-4324)
Title: Analytica chimica acta
Title(ISO): Anal. Chim. Acta
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1873-4324)
ISSN: 0003-2670 (pISSN: 0003-2670, eISSN: 1873-4324)
Title: Analytica chimica acta
Title(ISO): Anal. Chim. Acta
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 369 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 87 92 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1998年 8月 10日 (平成 10年 8月 10日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1016/S0003-2670(98)00241-4    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意): 2-s2.0-0031835288 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Junko Motonaka, Shinji Kageyama, Yuji Mishima, Keiji Minagawa, Seizo Masuda and Sanae Ikeda : Determination of Iron Ion Utilizing Poly(p-vinylbenzoylacetone) Modified Micro-Electrode, Analytica Chimica Acta, Vol.369, No.1, 87-92, 1998.
欧文冊子 ● Junko Motonaka, Shinji Kageyama, Yuji Mishima, Keiji Minagawa, Seizo Masuda and Sanae Ikeda : Determination of Iron Ion Utilizing Poly(p-vinylbenzoylacetone) Modified Micro-Electrode, Analytica Chimica Acta, Vol.369, No.1, 87-92, 1998.

関連情報

Number of session users = 5, LA = 0.71, Max(EID) = 359812, Max(EOID) = 963852.