『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=121722)

EID=121722EID:121722, Map:0, LastModified:2012年10月24日(水) 21:01:03, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.楠部 真崇
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.玉井 伸岳 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察,論文執筆の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Pressure-Induced Phase Transitions of Lipid Bilayers Observed by Fluorescent Probes Prodan and Laurdan  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ジステアロイルホスファチジルコリン二重膜中における2種類の蛍光プローブ色素プロダンとローダンの蛍光スペクトルを温度一定下,圧力の関数として観測した.二重膜の相状態に対応して両プローブの蛍光スペクトル極大波長の変化を見出し,各相状態における両プローブ分子の配向位置を推定した.ゲル相から液晶相への主転移においては,両プローブ共に極大波長に鋭敏な変化が観測されたが,指組み構造相への転移に関してはプロダンの極大波長に変化が見られたが,ローダンの極大波長には変化が見られなかった.ローダン分子はプロダン分子とは異なり,その長いアシル鎖のために二重膜の疎水性中心にアンカーとして固定され,指組み構造形成の際に脂質分子のグリセロール骨格から排除されないことが示唆された.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) 2-Naphthylamine (日) (読) [継承]
2. (英) Fluorescent Dyes (日) (読) [継承]
3. (英) Laurates (日) (読) [継承]
4. (英) Lipid Bilayers (日) (読) [継承]
5. (英) Molecular Structure (日) (読) [継承]
6. (英) Phase Transition (日) (読) [継承]
7. (英) Phosphatidylcholines (日) (読) [継承]
8. (英) Pressure (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): Elsevier (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): Biophysical Chemistry ([Elsevier Science])
(pISSN: 0301-4622, eISSN: 1873-4200)

ISSN (任意): 0301-4622
ISSN: 0301-4622 (pISSN: 0301-4622, eISSN: 1873-4200)
Title: Biophysical chemistry
Title(ISO): Biophys Chem
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 117 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 199 206 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2005年 10月 3日 (平成 17年 10月 3日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1016/j.bpc.2005.05.007    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意): 15961215    (→Scopusで検索) [継承]
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) Article.Affiliation: Department of Biological Science and Technology, Faculty of Engineering, The University of Tokushima, 2-1 Minamijosanjima, Tokushima 770-8506, Japan.  (日)    [継承]
2.(英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article  (日)    [継承]
3.(英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Pressure-Induced Phase Transitions of Lipid Bilayers Observed by Fluorescent Probes Prodan and Laurdan, Biophysical Chemistry, Vol.117, No.3, 199-206, 2005.
欧文冊子 ● Masataka Kusube, Nobutake Tamai, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Pressure-Induced Phase Transitions of Lipid Bilayers Observed by Fluorescent Probes Prodan and Laurdan, Biophysical Chemistry, Vol.117, No.3, 199-206, 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.45, Max(EID) = 372577, Max(EOID) = 996785.