『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=121483)

EID=121483EID:121483, Map:0, LastModified:2005年5月9日(月) 12:00:18, Operator:[福見 稔], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[福見 稔], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.知能情報工学科.基礎情報工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.福見 稔 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
役割 (任意): (英)   (日) アルゴリズム提案,シミュレーション,論文執筆など,ただし共著でありページの抽出は困難.   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Omatu Sigeru (日) 大松 繁 (読) おおまつ しげる
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A New Back-Propagation Algorithm with Coupled Neuron  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本国際会議論文では,ニューラルネットワークの新しいモデルとその学習法を提案している.本モデルは符号型の出力関数と勾配法を使うためのシグモイド状の関数を並列して有している.出力は符号型関数が主に担当し,学習はシグモイド関数が担当することにより,符号型出力を与えながら勾配法により学習が可能な特殊なモデルとなっている. 本モデルの有効性を検証するために幾つもの問題に対する計算機シミュレーションを行い,他のモデルとの優劣比較を行っている.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 計測自動制御学会 [継承]
誌名 (必須): (英) Proc. of Int'l Session of the 28th SICE Annual Conference (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 1327 1330 [継承]
都市 (必須): 松山 (Matsuyama/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1989年 7月 初日 (平成 元年 7月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Minoru Fukumi and Sigeru Omatu : A New Back-Propagation Algorithm with Coupled Neuron, Proc. of Int'l Session of the 28th SICE Annual Conference, (巻), (号), 1327-1330, Matsuyama, July 1989.
欧文冊子 ● Minoru Fukumi and Sigeru Omatu : A New Back-Propagation Algorithm with Coupled Neuron, Proc. of Int'l Session of the 28th SICE Annual Conference, (巻), (号), 1327-1330, Matsuyama, July 1989.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.60, Max(EID) = 372500, Max(EOID) = 996244.