『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=121060)

EID=121060EID:121060, Map:0, LastModified:2008年12月12日(金) 13:28:58, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物反応工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.郷田 秀一郎 ([長崎大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.櫻庭 春彦
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.河原林 裕 (独立行政法人産業技術総合研究所生物機能工学研究部門)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.大島 敏久 ([九州大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Cloning, Expression, and Characterization of the First Archaeal Agmatinase from Anaerobic Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) International Congress on Biocatalysis 2004 (biocat 2004) (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): P115 [継承]
(必須):
(必須): 246 246 [継承]
都市 (必須): (英) Hamburg (日) ハンブルグ (読) はんぶるぐ [継承]
年月日 (必須): 西暦 2004年 8月 30日 (平成 16年 8月 30日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : Cloning, Expression, and Characterization of the First Archaeal Agmatinase from Anaerobic Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii, International Congress on Biocatalysis 2004 (biocat 2004), Vol.P115, (号), 246, Hamburg, Aug. 2004.
欧文冊子 ● Shuichiro Goda, Haruhiko Sakuraba, Yutaka Kawarabayasi and Toshihisa Ohshima : Cloning, Expression, and Characterization of the First Archaeal Agmatinase from Anaerobic Hyperthermophilic Archaeon Pyrococcus horikoshii, International Congress on Biocatalysis 2004 (biocat 2004), Vol.P115, (号), 246, Hamburg, Aug. 2004.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.40, Max(EID) = 384040, Max(EOID) = 1027378.