『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120986)

EID=120986EID:120986, Map:0, LastModified:2009年8月17日(月) 13:43:34, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (紀要その他) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物反応工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Murakami, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Hori, H. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yamauchi, T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Ishizuka, Y. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Yoshino, T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.長浜 正巳
役割 (任意): (英)   (日) 実験,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Watanabe, T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Hatae, T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) New human renins produced by site-directed mutagenesis  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) レニンは,血圧調節に重要なレニン-アンジオテンシン系の律速段階を担うプロテアーゼである.レニンの性質を明らかにするために,タンパク質工学の手法を用いて,様々な変異型ヒト·レニンを作製しそれらの性質を解析した.これらの解析から,レニンに付加しているN結合型糖鎖のタンパク質安定化の寄与や,Asp317の至適PHへの寄与が明らかにされた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) Japan Scientific Societies Press (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) In intracellular proteolysis: mechanisms and regulations. Edited by Katsunuma, N. and Kominami, E. (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須):
(必須):
(必須): 163 169 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1988年 0月 初日 (昭和 63年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● K. Murakami, H. Hori, T. Yamauchi, Y. Ishizuka, T. Yoshino, Masami Nagahama, T. Watanabe and T. Hatae : New human renins produced by site-directed mutagenesis, In intracellular proteolysis: mechanisms and regulations. Edited by Katsunuma, N. and Kominami, E., (巻), (号), 163-169, 1988.
欧文冊子 ● K. Murakami, H. Hori, T. Yamauchi, Y. Ishizuka, T. Yoshino, Masami Nagahama, T. Watanabe and T. Hatae : New human renins produced by site-directed mutagenesis, In intracellular proteolysis: mechanisms and regulations. Edited by Katsunuma, N. and Kominami, E., (巻), (号), 163-169, 1988.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.38, Max(EID) = 375655, Max(EOID) = 1006532.