『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120940)

EID=120940EID:120940, Map:0, LastModified:2017年12月4日(月) 13:57:56, Operator:[[ADMIN]], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[大学開放実践センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.大学開放実践センター (〜2019年3月31日) [継承]
著者 (必須): 1.曾田 紘二
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.廣渡 修一
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) A study on restructuring of liberal education  (日) 教養教育再興に向けての一考察   [継承]
副題 (任意): (英) Historical overview in America and political trends in Japan  (日) アメリカ的系譜と日本での政策的背景   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) We discuss in this paper what is necessary to restructure the liberal education at university. First we study thehistory of liberal education (general education) in America which affected the liberal education in Japan since1945. Then we consider political trends after 1991 in the reports of the Central Council for Education. On thisdata we make clear the problems and confusion involved in the liberal education in Japan. We conclude thatin the more flexible educational systems and in the more secured universities' autonomy we should make theadmission-, curriculum- and diploma policy of each department even clearer, and then the member ofdepartment should share the policies in common. A system to discuss the policies and realize it needs to beestablished.大学の教育課程のなかで,教養教育を今後新たに構築するために,今何が必要かを考える.はじめに,1945年以降影響を受けてきた,アメリカでの教養教育の歴史を概観する.アメリカでの教養教育の背景の特殊性を考える.続いて1991年のいわゆる大学設置基準大綱化以後の,中教審,大学審議会答申に見られる政策的動向を調べる.これらについての考察を受けて,大学での教養教育をめぐる問題,混乱を整理し,今大学は何をなすべきかを考察する.結論として,各大学,学部,学科ごとの,「アドミッション・ポリシー」「カリキュラム・ポリシー」「ディプロマ・ポリシー」を明確にし,このポリシーを組織の構成員が共有し,これを実行して行く.そのための体制づくりが今必要であることを示す.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) liberal education (日) 教養教育 (読) [継承]
2. (英) admission policy (日) アドミッション·ポリシー (読) [継承]
3. (英) curriculum policy (日) カリキュラム·ポリシー (読) [継承]
4. (英) diploma policy (日) ディプロマ·ポリシー (読) [継承]
5. (英) share the policies (日) ポリシーの共有 (読) [継承]
発行所 (推奨): 大学開放実践センター (〜2019年3月31日) [継承]
誌名 (必須): 大学教育研究ジャーナル ([徳島大学])
(pISSN: 1881-1256)

ISSN (任意): 1881-1256 [継承]
[継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 1 12 [継承]
都市 (任意): 徳島 (Tokushima/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2005年 3月 末日 (平成 17年 3月 末日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110006826892/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110006826892 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
機関リポジトリ : 82371 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 曾田 紘二, 廣渡 修一 : 教養教育再興に向けての一考察, --- アメリカ的系譜と日本での政策的背景 ---, 大学教育研究ジャーナル, Vol.2, 1-12, 2005年.
欧文冊子 ● Koji Soda and Shuichi Hirowatari : A study on restructuring of liberal education, --- Historical overview in America and political trends in Japan ---, Journal of University Education Research, Vol.2, 1-12, 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.54, Max(EID) = 358266, Max(EOID) = 959265.