『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120900)

EID=120900EID:120900, Map:0, LastModified:2009年8月17日(月) 13:43:35, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物反応工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Nakayama, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Watanabe, T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Nakagawa, T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Murakami, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Kim, W. S. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6.長浜 正巳
役割 (任意): (英)   (日) 実験計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Hosaka, M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Hatsuzawa, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) Kondoh Hashiba, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Murakami, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Consensus sequence for precursor processing at mono-arginyl sites. Evidence for the involvement of a Kex2-like endoprotease in precursor cleavages at both dibasic and mono-arginyl sites  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) Kex2様プロセシング酵素による前駆体タンパク質のプロセシングでは,切断部位が塩基性アミノ酸対ではなく単独のArg残基である場合が見られる.部位特異変異を用いた解析から,この場合には切断部位のArg残基に加えて,-4位や-6位に塩基性アミノ酸が存在することが重要であることが示された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): The Journal of Biological Chemistry ([The American Society for Biochemistry and Molecular Biology])
(resolved by 0021-9258)
ISSN: 0021-9258 (pISSN: 0021-9258, eISSN: 1083-351X)
Title: The Journal of biological chemistry
Title(ISO): J Biol Chem
Publisher: American Society for Biochemistry and Molecular Biology
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1083-351X)
ISSN: 0021-9258 (pISSN: 0021-9258, eISSN: 1083-351X)
Title: The Journal of biological chemistry
Title(ISO): J Biol Chem
Publisher: American Society for Biochemistry and Molecular Biology
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 267 [継承]
(必須):
(必須): 16335 16340 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1992年 0月 初日 (平成 4年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● K. Nakayama, T. Watanabe, T. Nakagawa, K. Murakami, S. W. Kim, Masami Nagahama, M. Hosaka, K. Hatsuzawa, K. Hashiba Kondoh and K. Murakami : Consensus sequence for precursor processing at mono-arginyl sites. Evidence for the involvement of a Kex2-like endoprotease in precursor cleavages at both dibasic and mono-arginyl sites, The Journal of Biological Chemistry, Vol.267, (号), 16335-16340, 1992.
欧文冊子 ● K. Nakayama, T. Watanabe, T. Nakagawa, K. Murakami, S. W. Kim, Masami Nagahama, M. Hosaka, K. Hatsuzawa, K. Hashiba Kondoh and K. Murakami : Consensus sequence for precursor processing at mono-arginyl sites. Evidence for the involvement of a Kex2-like endoprotease in precursor cleavages at both dibasic and mono-arginyl sites, The Journal of Biological Chemistry, Vol.267, (号), 16335-16340, 1992.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.97, Max(EID) = 375612, Max(EOID) = 1006450.