『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120898)

EID=120898EID:120898, Map:0, LastModified:2009年8月17日(月) 13:43:35, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物反応工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Watanabe, T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Nakagawa, T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Ikemizu, J. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.長浜 正巳
役割 (任意): (英)   (日) 実験計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Murakami, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Nakayama, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Sequence requirements for precursor cleavage within the constitutive secretory pathway  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 構成的分泌経路においてプロセシングされる前駆体タンパク質の認識配列を詳細に解析するためにプロレニンをモデル基質として用い,その切断部位の前後に様々な変異を導入してプロセシングの効率を比較した.その結果,Arg-X-Lys/Arg-Arg配列の更にN末端側に存在する塩基性アミノ酸がプロセシングにおいて重要な役割を果たす場合があることを示した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): The Journal of Biological Chemistry ([The American Society for Biochemistry and Molecular Biology])
(resolved by 0021-9258)
ISSN: 0021-9258 (pISSN: 0021-9258, eISSN: 1083-351X)
Title: The Journal of biological chemistry
Title(ISO): J Biol Chem
Publisher: American Society for Biochemistry and Molecular Biology
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1083-351X)
ISSN: 0021-9258 (pISSN: 0021-9258, eISSN: 1083-351X)
Title: The Journal of biological chemistry
Title(ISO): J Biol Chem
Publisher: American Society for Biochemistry and Molecular Biology
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 267 [継承]
(必須):
(必須): 8270 8274 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1992年 0月 初日 (平成 4年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● T. Watanabe, T. Nakagawa, J. Ikemizu, Masami Nagahama, K. Murakami and K. Nakayama : Sequence requirements for precursor cleavage within the constitutive secretory pathway, The Journal of Biological Chemistry, Vol.267, (号), 8270-8274, 1992.
欧文冊子 ● T. Watanabe, T. Nakagawa, J. Ikemizu, Masami Nagahama, K. Murakami and K. Nakayama : Sequence requirements for precursor cleavage within the constitutive secretory pathway, The Journal of Biological Chemistry, Vol.267, (号), 8270-8274, 1992.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 0.64, Max(EID) = 375697, Max(EOID) = 1006666.