『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120895)

EID=120895EID:120895, Map:0, LastModified:2009年8月17日(月) 13:43:34, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物反応工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Hosaka, M. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.長浜 正巳
役割 (任意): (英)   (日) 計画,実験,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kim, W. S. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Watanabe, T. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Hatsuzawa, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Ikemizu, J. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7. (英) Murakami, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8. (英) Nakayama, K. (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Arg-X-Lys/Arg-Arg motif as a signal for precursor cleavage catalyzed by furin within the constitutive secretory pathway  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 多くの前駆体タンパク質のプロテアーゼによる切断部位には,Arg-X-Lys/Arg-Argの配列が共通に見られる.プロレニンの切断部位を改変してこの配列を持つようにすると,内分泌細胞以外の細胞においても切断されるようになる.これらの結果から,この配列がプロセシング酵素であるフリンによって認識されるためのコンセンサス配列であることを世界に先駆けて提唱した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): The Journal of Biological Chemistry ([The American Society for Biochemistry and Molecular Biology])
(resolved by 0021-9258)
ISSN: 0021-9258 (pISSN: 0021-9258, eISSN: 1083-351X)
Title: The Journal of biological chemistry
Title(ISO): J Biol Chem
Publisher: American Society for Biochemistry and Molecular Biology
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1083-351X)
ISSN: 0021-9258 (pISSN: 0021-9258, eISSN: 1083-351X)
Title: The Journal of biological chemistry
Title(ISO): J Biol Chem
Publisher: American Society for Biochemistry and Molecular Biology
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 266 [継承]
(必須):
(必須): 12127 12130 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1991年 0月 初日 (平成 3年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● M. Hosaka, Masami Nagahama, S. W. Kim, T. Watanabe, K. Hatsuzawa, J. Ikemizu, K. Murakami and K. Nakayama : Arg-X-Lys/Arg-Arg motif as a signal for precursor cleavage catalyzed by furin within the constitutive secretory pathway, The Journal of Biological Chemistry, Vol.266, (号), 12127-12130, 1991.
欧文冊子 ● M. Hosaka, Masami Nagahama, S. W. Kim, T. Watanabe, K. Hatsuzawa, J. Ikemizu, K. Murakami and K. Nakayama : Arg-X-Lys/Arg-Arg motif as a signal for precursor cleavage catalyzed by furin within the constitutive secretory pathway, The Journal of Biological Chemistry, Vol.266, (号), 12127-12130, 1991.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.62, Max(EID) = 375612, Max(EOID) = 1006450.