『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120554)

EID=120554EID:120554, Map:0, LastModified:2005年3月17日(木) 14:30:05, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1.増田 精造
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.田中 正己 ([徳島文理大学])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Asahi Yutaka (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Copolymerization of Methyl Vinyl Ketone with Styrene in the Presence of Cobalt (II) Nitrate  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 触媒量の硝酸コバルト存在下でメチルビニルケトンとスチレンとのラジカル共重合を行った.硝酸コバルトの添加量の増加に伴い,交互共重合性が大きくなった.UVスペクトルを用いた連続変化法により,硝酸コバルトはメチルビニルケトンと錯形成することが確認され,この共重合は遊離メチルビニルケトン-錯化メチルビニルケトン-スチレンの三元共重合として取り扱えることが明らかとなった.遊離および錯化メチルビニルケトンの反応性の相違について議論した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): (英) Die Makromolekulare Chemie. Macromolecular symposia (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 47 [継承]
(必須):
(必須): 329 336 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1991年 7月 1日 (平成 3年 7月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Seizo Masuda, Keiji Minagawa, Masami Tanaka and Yutaka Asahi : Copolymerization of Methyl Vinyl Ketone with Styrene in the Presence of Cobalt (II) Nitrate, Die Makromolekulare Chemie. Macromolecular symposia, Vol.47, (号), 329-336, 1991.
欧文冊子 ● Seizo Masuda, Keiji Minagawa, Masami Tanaka and Yutaka Asahi : Copolymerization of Methyl Vinyl Ketone with Styrene in the Presence of Cobalt (II) Nitrate, Die Makromolekulare Chemie. Macromolecular symposia, Vol.47, (号), 329-336, 1991.

関連情報

Number of session users = 3, LA = 3.34, Max(EID) = 359806, Max(EOID) = 963806.