『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120548)

EID=120548EID:120548, Map:0, LastModified:2006年2月1日(水) 12:59:25, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Matsuzawa Yukiko (日) 松沢 有希子 (読) まつざわ ゆきこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yoshikawa Kenichi (日) 吉川 研一 (読) よしかわ けんいち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Matsumoto Mitsuhiro (日) 松本 充弘 (読) まつもと みつひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Doi Masao (日) 土井 正男 (読) どい まさお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Conformational Dynamics of DNA Affected by Intercalation and Minor Groove Binding: Direct Observation of Large DNA  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) DNA結合性薬物のモデルとして,塩基対間にインターカレーションする色素と二重らせんの副溝に結合する色素を用いて,蛍光顕微鏡下でDNA-色素複合体の高次構造を解析する方法を提案した.色素の濃度を変化させた条件で蛍光顕微鏡によりDNA単一分子を直接観察し,得られた顕微鏡画像からT4DNAの慣性半径を測定し,高分子DNAの持続長を推定する方法について述べた.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Nucleic Acids Symposium Series (Symposium on Nucleic Acids Chemistry)
(resolved by 0261-3166)
ISSN: 0261-3166 (pISSN: 0261-3166, eISSN: 1746-8272)
Title: Nucleic acids symposium series
Title(ISO): Nucleic Acids Symp. Ser.
Publisher: Oxford University Press
 (NLM Catalog  (NLM Catalog  (Scopus  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1746-8272)
ISSN: 0261-3166 (pISSN: 0261-3166, eISSN: 1746-8272)
Title: Nucleic acids symposium series
Title(ISO): Nucleic Acids Symp. Ser.
Publisher: Oxford University Press
 (NLM Catalog  (NLM Catalog  (Scopus  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 25 [継承]
(必須):
(必須): 131 132 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1991年 10月 初日 (平成 3年 10月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Yukiko Matsuzawa, Keiji Minagawa, Kenichi Yoshikawa, Mitsuhiro Matsumoto and Masao Doi : Conformational Dynamics of DNA Affected by Intercalation and Minor Groove Binding: Direct Observation of Large DNA, Nucleic Acids Symposium Series, Vol.25, (号), 131-132, 1991.
欧文冊子 ● Yukiko Matsuzawa, Keiji Minagawa, Kenichi Yoshikawa, Mitsuhiro Matsumoto and Masao Doi : Conformational Dynamics of DNA Affected by Intercalation and Minor Groove Binding: Direct Observation of Large DNA, Nucleic Acids Symposium Series, Vol.25, (号), 131-132, 1991.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.57, Max(EID) = 359726, Max(EOID) = 963340.