『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120544)

EID=120544EID:120544, Map:0, LastModified:2005年3月17日(木) 14:03:50, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Matsuzawa Yukiko (日) 松沢 有希子 (読) まつざわ ゆきこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yoshikawa Kenichi (日) 吉川 研一 (読) よしかわ けんいち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Matsumoto Mitsuhiro (日) 松本 充弘 (読) まつもと みつひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Doi Masao (日) 土井 正男 (読) どい まさお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Direct Observation of the Biphasic Conformational Change of DNA Induced by Cationic Polymers  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) カチオン性のポリペプチドであるヒストンやポリアルギニン(PArg)を水溶液中の巨大DNA分子に添加し,蛍光顕微鏡でDNA単一分子の挙動を観測した.これらのポリペプチドの存在下でDNAが収縮することがわかった.またPArg濃度を増加させていくと,ある条件でランダムコイルと収縮した状態が共存する二相的な領域が見られた.このことから,ポリペプチドとの相互作用によるDNAの収縮が協同的に起こることが示唆された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): FEBS Letters ([Federation of European Biochemical Societies])
(resolved by 0014-5793)
ISSN: 0014-5793 (pISSN: 0014-5793, eISSN: 1873-3468)
Title: FEBS letters
Title(ISO): FEBS Lett.
Supplier: Federation of European Biochemical Societies
Publisher: Wiley Publishing
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1873-3468)
ISSN: 0014-5793 (pISSN: 0014-5793, eISSN: 1873-3468)
Title: FEBS letters
Title(ISO): FEBS Lett.
Supplier: Federation of European Biochemical Societies
Publisher: Wiley Publishing
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 295 [継承]
(必須):
(必須): 67 69 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1991年 12月 初日 (平成 3年 12月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Keiji Minagawa, Yukiko Matsuzawa, Kenichi Yoshikawa, Mitsuhiro Matsumoto and Masao Doi : Direct Observation of the Biphasic Conformational Change of DNA Induced by Cationic Polymers, FEBS Letters, Vol.295, (号), 67-69, 1991.
欧文冊子 ● Keiji Minagawa, Yukiko Matsuzawa, Kenichi Yoshikawa, Mitsuhiro Matsumoto and Masao Doi : Direct Observation of the Biphasic Conformational Change of DNA Induced by Cationic Polymers, FEBS Letters, Vol.295, (号), 67-69, 1991.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.39, Max(EID) = 359756, Max(EOID) = 963494.