『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120523)

EID=120523EID:120523, Map:0, LastModified:2006年2月1日(水) 12:47:13, Operator:[近江 千代子], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Matsuzawa Yukiko (日) 松沢 有希子 (読) まつざわ ゆきこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yoshikawa Kenichi (日) 吉川 研一 (読) よしかわ けんいち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Nishimura Chitoshi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Maeda Mizuo (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Takagi Makoto (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Dynamical Conformational Change of DNA Molecules Induced by Synthetic Polymers: Direct Observation by Fluorescence Microscopy  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 静電的相互作用やインターカレーションによってDNAに結合する合成高分子がDNAの高次構造や拡散などの運動に及ぼす影響を蛍光顕微鏡による直接観察で調べた.カチオン性のポリアルギニンの場合は,DNAが顕著に凝縮した構造をとり,運動も激しくなった.インターカレーション高分子では画像から測定される分子鎖の拡がりはDNA単独とほぼ同様であるが,平均二乗変位が小さくなることから,疑似グラフト構造の複合体を形成していることが示唆された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Nucleic Acids Symposium Series (Symposium on Nucleic Acids Chemistry)
(resolved by 0261-3166)
ISSN: 0261-3166 (pISSN: 0261-3166, eISSN: 1746-8272)
Title: Nucleic acids symposium series
Title(ISO): Nucleic Acids Symp. Ser.
Publisher: Oxford University Press
 (NLM Catalog  (NLM Catalog  (Scopus  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1746-8272)
ISSN: 0261-3166 (pISSN: 0261-3166, eISSN: 1746-8272)
Title: Nucleic acids symposium series
Title(ISO): Nucleic Acids Symp. Ser.
Publisher: Oxford University Press
 (NLM Catalog  (NLM Catalog  (Scopus  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 27 [継承]
(必須):
(必須): 69 70 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1992年 11月 初日 (平成 4年 11月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Keiji Minagawa, Yukiko Matsuzawa, Kenichi Yoshikawa, Chitoshi Nishimura, Mizuo Maeda and Makoto Takagi : Dynamical Conformational Change of DNA Molecules Induced by Synthetic Polymers: Direct Observation by Fluorescence Microscopy, Nucleic Acids Symposium Series, Vol.27, (号), 69-70, 1992.
欧文冊子 ● Keiji Minagawa, Yukiko Matsuzawa, Kenichi Yoshikawa, Chitoshi Nishimura, Mizuo Maeda and Makoto Takagi : Dynamical Conformational Change of DNA Molecules Induced by Synthetic Polymers: Direct Observation by Fluorescence Microscopy, Nucleic Acids Symposium Series, Vol.27, (号), 69-70, 1992.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.40, Max(EID) = 359726, Max(EOID) = 963341.