『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120491)

EID=120491EID:120491, Map:0, LastModified:2005年3月16日(水) 16:40:31, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術レター (ショートペーパー) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Yoshikawa Kenichi (日) 吉川 研一 (読) よしかわ けんいち
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Matsuzawa Yukiko (日) 松沢 有希子 (読) まつざわ ゆきこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Doi Masao (日) 土井 正男 (読) どい まさお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Matsumoto Mitsuhiro (日) 松本 充弘 (読) まつもと みつひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Opposite Effect between Intercalator and Minor Groove Binding Drugs on the Higher Order Structure of DNA as Is Visualized by Fluorescence Microscopy  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 蛍光顕微鏡を用いて,水溶液中で運動している状態およびガラスプレート上に固定された状態の巨大DNA単一分子を観察し,その画像から慣性半径と全長を求めて持続長を計算した.この方法で計算した値は光散乱による文献値とほぼ一致した.薬物がDNAの高次構造に及ぼす影響を調べた結果,DNAの塩基対間に挿入する薬物はDNAの持続長を長くするのに対し,二重らせんの副溝に結合する薬物は持続長を短くするという逆の効果を示すことがわかった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Biochemical and Biophysical Research Communications ([Elsevier])
(resolved by 0006-291X)
ISSN: 0006-291X (pISSN: 0006-291X, eISSN: 1090-2104)
Title: Biochemical and biophysical research communications
Title(ISO): Biochem. Biophys. Res. Commun.
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1090-2104)
ISSN: 0006-291X (pISSN: 0006-291X, eISSN: 1090-2104)
Title: Biochemical and biophysical research communications
Title(ISO): Biochem. Biophys. Res. Commun.
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 188 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 1274 1279 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1992年 11月 初日 (平成 4年 11月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Kenichi Yoshikawa, Yukiko Matsuzawa, Keiji Minagawa, Masao Doi and Mitsuhiro Matsumoto : Opposite Effect between Intercalator and Minor Groove Binding Drugs on the Higher Order Structure of DNA as Is Visualized by Fluorescence Microscopy, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.188, No.3, 1274-1279, 1992.
欧文冊子 ● Kenichi Yoshikawa, Yukiko Matsuzawa, Keiji Minagawa, Masao Doi and Mitsuhiro Matsumoto : Opposite Effect between Intercalator and Minor Groove Binding Drugs on the Higher Order Structure of DNA as Is Visualized by Fluorescence Microscopy, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.188, No.3, 1274-1279, 1992.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.28, Max(EID) = 359741, Max(EOID) = 963404.