『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120434)

EID=120434EID:120434, Map:0, LastModified:2005年3月16日(水) 09:51:29, Operator:[南川 慶二], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[南川 慶二], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Takahashi Tatsuhiro (日) 高橋 辰宏 (読) たかはし たつひろ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Watanabe Jun (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.南川 慶二 ([徳島大学.教養教育院])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.小山 清人 ([山形大学.工学部])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effect of Ionic Interaction on Elongational Viscosity of Ethylene Based Ionomer Melts  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) エチレンとメタクリル酸のコポリマーの金属(Zn, Na, Mg)塩の伸長粘度を測定した.これらのアイオノマーのイオン結合は線形領域の伸長粘度を増加させるとともに非線形性も増大させ,その効果はZnの場合がNa,Mgよりも顕著であった.線形および非線形領域の伸長粘度の増加は,イオン結合によって決定されることがわかった.BKZ構成方程式による解析から,線形領域の伸長粘度におけるイオン結合の効果は,動的せん断変形の場合と類似することが明らかとなった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Polymer (Butterworth-Heinemann)
(resolved by 0032-3861)
ISSN: 0032-3861 (pISSN: 0032-3861, eISSN: 1873-2291)
Title: Polymer
Title(ISO): Polymer (Guildf)
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 35 [継承]
(必須): 26 [継承]
(必須): 5722 5728 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1994年 12月 1日 (平成 6年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Tatsuhiro Takahashi, Jun Watanabe, Keiji Minagawa and Kiyohito Koyama : Effect of Ionic Interaction on Elongational Viscosity of Ethylene Based Ionomer Melts, Polymer, Vol.35, No.26, 5722-5728, 1994.
欧文冊子 ● Tatsuhiro Takahashi, Jun Watanabe, Keiji Minagawa and Kiyohito Koyama : Effect of Ionic Interaction on Elongational Viscosity of Ethylene Based Ionomer Melts, Polymer, Vol.35, No.26, 5722-5728, 1994.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.62, Max(EID) = 359744, Max(EOID) = 963446.