『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=120400)

EID=120400EID:120400, Map:0, LastModified:2005年3月16日(水) 13:23:07, Operator:[長宗 秀明], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[長宗 秀明], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 国際会議 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物反応工学講座 [継承]
2.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.長宗 秀明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) テーマの共同設定,実験及びデータ解析,論文執筆   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Muramatsu Kazuaki (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Higashine Masakatsu (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.赤松 徹也 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Tamai Yasuhiro (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
6. (英) Yonetomi Yasuo (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
7.辻 明彦
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
8.泉 啓介
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
9. (英) Sakaguchi Takemasa (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
10. (英) Yoshida Tetsuya (日) (読)
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
11.松田 佳子
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Cyclic AMP-inducible procalcitonin processing in thyroidal parafollicular cells is regulated by the Kexin family protease, PC1.  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ラット甲状腺においてKexin様プロテアーゼの免疫組織化学的解析を行った.その結果,カルシトニンを作る傍濾胞細胞ではPC1とPC2が強く発現しており,FurinやPC6の発現はわずかで,PACE4は検出できなかった.傍濾胞細胞株TTのウエスタンブロットでもPC1,PC2, Furin,PC6は検出されたが,cAMP刺激による成熟カルシトニン量の上昇と連動して急増する酵素はPC1だけであり,cAMP刺激に応答してカルシトニン量を制御するKexin様プロテアーゼはPC1である事を示した.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Calcitonin (日) (読) [継承]
2. (英) Processing (日) (読) [継承]
3. (英) PC1 (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): IOS Press [継承]
誌名 (必須): (英) International Symposium on Medical Aspects of Protease Inhibitors; In "Medical Aspects of Proteases and Protease Inhibitors": Biomedical and Health Research (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 15 [継承]
(必須):
(必須): 22 33 [継承]
都市 (必須): アムステルダム (Amsterdam/[オランダ王国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1997年 5月 初日 (平成 9年 5月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hideaki Nagamune, Kazuaki Muramatsu, Masakatsu Higashine, Tetsuya Akamatsu, Yasuhiro Tamai, Yasuo Yonetomi, Akihiko Tsuji, Keisuke Izumi, Takemasa Sakaguchi, Tetsuya Yoshida and Yoshiko Matsuda : Cyclic AMP-inducible procalcitonin processing in thyroidal parafollicular cells is regulated by the Kexin family protease, PC1., International Symposium on Medical Aspects of Protease Inhibitors; In "Medical Aspects of Proteases and Protease Inhibitors": Biomedical and Health Research, Vol.15, (号), 22-33, Amsterdam, May 1997.
欧文冊子 ● Hideaki Nagamune, Kazuaki Muramatsu, Masakatsu Higashine, Tetsuya Akamatsu, Yasuhiro Tamai, Yasuo Yonetomi, Akihiko Tsuji, Keisuke Izumi, Takemasa Sakaguchi, Tetsuya Yoshida and Yoshiko Matsuda : Cyclic AMP-inducible procalcitonin processing in thyroidal parafollicular cells is regulated by the Kexin family protease, PC1., International Symposium on Medical Aspects of Protease Inhibitors; In "Medical Aspects of Proteases and Protease Inhibitors": Biomedical and Health Research, Vol.15, (号), 22-33, Amsterdam, May 1997.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 0.66, Max(EID) = 363220, Max(EOID) = 972377.